住宅調査 床下

住宅調査・雨漏り調査で床下を点検しました。

最近の住宅はベタ基礎になっているため、点検しやすくなっています。

床下と言えば、しろあり調査・基礎クラックの有無のイメージがありますがそれ以外にも点検内容があります。

 

床下1

 

床下の空間高さも40cm以上となっていますので、何とか潜ることができます。

 

床下2

 

土台を見て回ると濡れがありました。

雨水浸入による木材の濡れでした。

 

床下5
床下6

これらは雨水浸入痕です。以前、漏水した部分と思われます。

 

床下は雨水浸入以外にも確認することがあります。

 

床下3

床下4

 

配管の変更による使用していない基礎の貫通孔があります。

雨水浸入防止対策が必要です。

 

変更にともなう新たな貫通孔の開口には、開ける位置の注意や必要に応じて補強も必要です。

また、貫通部からの漏水もあります。

床下7

 

外部へ配管を通す貫通孔など基礎内へ入る恐れがあります。

 

床下9

設備などの配管からの漏水もあります。

床下8

小動物・昆虫の侵入などもあります。

床下点検は項目もたくさんありますので、専門家による点検が有効となります。

中古住宅の売買では必ず点検されることをお奨めいたします。  (#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。