雨漏り調査の基本的な流れをご紹介いたします!

雨漏り調査の基本的な流れをご紹介いたします!

こんちにちは~。

「我が家と思って、心を込めて、誠実に調査、補修いたします。」をモットーに、雨漏り調査・補修を行う雨漏りホームドクターKAMISEIです。

雨漏り調査の基本的な流れ・様子をご紹介いたします。

 

雨漏り調査の流れ

雨漏り調査をご依頼いただきますとお約束の時間に現地へお伺いいたします。

①雨漏りの現状・状況をお聞きします。

ITDI1

お医者さんの問診のように、雨漏りの原因をさぐるための簡単なご質問をします。 (いつ、どんな感じ、どれぐらいの頻度、雨の強さ・・・・)

でも、お医者さんと同じなのですが、ここの質問がとても大事なのです!

ここを聞き間違えてしまうと誤診にもつながってしまうことも。

お施主さまも雨漏りしたときに、日時がわかる写真などを撮っておいてもらえると気象庁のデータなどからどんな天候で雨漏りしたか、調べることができます!

ご協力、お願いします!

 

②現況を撮影します。

ITDI2

雨漏りしている箇所を撮影します。

また、赤外線サーモグラフィの撮影も行います。1枚30秒ほどで撮影できます。

 

③外部を撮影します。

ITDI4

外部状況を撮影します。

赤丸は赤外線カメラで、ビデオカメラより少し大きいものです。

サーモグラフィ撮影により、建物内外の表面の温度を把握して、水分による温度差の有無を調べます。

 

④状況により、小屋裏・屋根を撮影します。

ITDI3

一例ですが、赤丸の部分は瓦から集中して水を受けている谷板金が部分的に変色していました。

このように、屋根に上がらないとわからないという現象も多くあります。

 

⑤状況により、撒水なども行います。

ITDI5

ITDI6

外部から撒水を行い、内部の漏水箇所の様子を観察して、浸入経路を特定する場合もあります。

 

雨漏りホームドクター~kamisei~

雨漏り調査は基本的には、非破壊で行います。

現場の大きさ・複雑さにもよりますが、1回の調査は1、2名で、1〜2時間程度で行います。

調査内容もその都度ご説明し、ご確認していただきながら調査していきますので、あんしんしてお問い合わせください。

(なお、調査前に建築図面・現場写真などを送っていただきますとよりスムーズに調査することができます。)

 

調査が終わると修理の御見積を提示します!

しっかりとした調査により、雨漏りの原因を特定します。

原因の特定ができて、はじめて、どのように修理するか、検討します!

お施主さまのご要望をお聞きして、総合的に修理の方向性をご相談させていただきます!

その修理方法に対して、御見積を提出させていただきます!

まずは、お気軽に心配ごとをご相談ください!

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。