雨漏りは外壁塗装したから直るとは限りません! 塗装前の調査が重要です!

雨漏り 外壁塗装したから直るとは限りません!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

先日、1階サッシ上部から雨漏りしているので、補修してほしいと依頼がありました。

伺ったところ、築20年程度の住宅でしたが、外壁はきれいな印象を受けました。

室内を見させていただくと、内壁の白いクロスがはがれていて、あきらかに長年、雨漏りしている状態でした。

通常、このような場合は外壁が劣化していることが多く、違和感を感じました。

詳しく話を聞きますと、つい最近、知り合いの方に外壁塗装・シーリングをしてもらったそうです。

雨漏りの話をしていたのですが、結局、その工事では直らなかったとのことでした。

その工事業者さんに直してもらった方がいいですよと話をしたのですが、原因がわからないので、困っているとのことでした。

 

外壁塗装はピッカピカ!

そこで、外壁を見させていただくと、本当につい最近、塗装した感じでした。

小雨が降っていたのですが、雨が水玉となっていて、塗料の撥水加工もバッチリな外壁でした。

ハウスメーカーさんの建物で、2階と1階の外壁の継ぎ目をモール材(外壁化粧部材)で覆っている仕様でした。

雨漏りしている場合、塗装前が肝心です!

外壁塗装自体、きれいに施工されていました。

雨漏り箇所のサッシ廻りはしっかりとシーリングされていました。

雨漏りの浸入場所はほとんどない状態でした。

残された可能性のある浸入場所は、モール材の裏側??

そこで、モール材を丁寧に点検しました。

すると、モール材の継ぎ目に設置されているカバーがずれている所がありました。

中を見ると2階と1階の外壁の継ぎ目が見えました。

さらに、その下の赤丸をよく見てみると、

パックリと外壁が割れている場所がありました。

こんな割れがあれば、雨水浸入場所となります。

外壁塗装をする前にこの割れに気付いていれば、メンテナンス方法も変更になったことでしょう!

再塗装前にモール材を外して、外壁を補修することもできたと思います。

結果、外壁塗装したので、費用が捻出できないとのことで、シーリングによる補修となってしまいました。

 

まとめ:雨漏りしている場合、メンテナンス前に点検・調査しましょう!

雨漏りしている場合の外壁メンテナンスは、しっかり点検・調査することをお勧めいたします!

再塗装すれば、雨漏りが直るとは限りません。

雨漏りの原因を把握して、補修とメンテナンスを検討しましょう!

 

専門用語もあり、わかりにくい所もあったかと思います。

お気軽にお問い合わせください。(お電話でも大丈夫ですよ!)

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事