40年、20年前の瓦屋根を調査しましたが問題ありませんでしたよ‼︎

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

住宅調査の屋根調査を行いました。

木造瓦葺きの増築有り物件でした。

昭和50年築の部分は瓦屋根でした。

f:id:capuriclub:20160910172251j:image

シルバー色の日本瓦、土葺き構法となっていました。

41年前の瓦ですが、瓦自体の割れ、剥離などはなく、しっかりしていました。

f:id:capuriclub:20160910172606j:image

裏には「三州ヤマ平」と社名が入っていました。

f:id:capuriclub:20160910172956j:image

当然、棟は旧工法でしたが、大面のしには突起部分があり、耐震?の工夫がありました。

続いて、増築部分を調査しました。

f:id:capuriclub:20160910173643j:image

こちらは平成7年築の瓦屋根でした。

平部は引っ掛け桟葺き構法でした。

瓦は3段に1段を釘留めしてありました。

(昔の施工方法です。)

f:id:capuriclub:20160910174940j:image

瓦桟木は15×40mm、縦桟木は9×40mmでした。

瓦桟木、縦桟木ともに腐朽劣化はありませんでした。

ルーフィングも劣化は見られませんでした。

f:id:capuriclub:20160910175959j:image

釘も錆びなどの腐食はありませんでした。

21年経過していますが、瓦屋根自体は全く問題ありませんでした。

瓦は「鶴弥」と社名が入っていました。

40年、20年ともメンテナンスが行われた様子は全くありませんでした。

棟部分を除けば、瓦屋根はしっかりしていましたよ〜‼︎

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事