屋根材が割れてお困りの方、写真や寸法を送っていただければ、お役立ちできるかも?!

屋根材が割れてお困りの方、写真や寸法をお送りください。

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(カミセイ)のDr.神谷です。

屋根材が部分的に割れるトラブルって、困りますよね。

屋根材がどんなものか?一般の方はわからないですよね。

そんなお困りの方、写真や寸法を送っていただければ、どんな屋根材か探すことができます。

お問い合わせいただいた一例を簡単に、ご紹介します。

 

塀瓦が1枚割れている。

赤丸の部分では、青色の瓦が割れています。

この瓦はトンビという日本瓦の中の1種類で、色は青緑(せいろく)色というものです。

 

セメント屋根材が割れている。

赤丸の部分では、セメント屋根材が割れています。

かわらUと呼ばれるセメント屋根材で、すでに、廃盤の商品です。

セメント屋根材は9割以上が廃盤となっているので、わずかに残っている希少品を探すことになります。

寸法などがわかると見つけやすくなります。

 

日本瓦屋根が崩れている。

赤丸の部分では、日本瓦屋根の棟が崩れています。

このような年代物の瓦では、瓦の大きさがいろいろあります。

このような簡単な寸法が分かれば、ある程度、種類を特定することができます。

この現場では、同じサイズの瓦がなく、現在の標準サイズの瓦で代用していただきました。

 

平板瓦はしっかりした写真が必要!

この写真は平板瓦と呼ばれるものです。

この平板瓦はぱっと見、同じようなデザインでも、微妙に商品が異なります。

平板瓦は互換性が乏しいので、同じ種類で代用することがむずかしい瓦です。

しっかりと商品を特定する必要がありますので、もう少し、アップの写真および寸法が必要となります。

実際、この写真だけでは、どの商品か特定することは困難です。

瓦をお探しの方は、上記、内容を参考にして、写真をお送りいただければ、お役立ちできるかも?!です。

何かありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事