瀬戸焼 招き猫たち

瀬戸焼のお店には食器などの他に、招き猫などかわいい焼物たちがいました。


{6000BEF2-7F2F-4068-B945-D27B8704A4F5}


大小さまざまな招き猫がいました。


{44846EDB-FC52-4872-A92D-3C70C6C3938A}


猫の顔は何となく人間に近く、右手、左手の両タイプがいます。


{3BCC125F-35CF-4982-80A1-BECE6E46F7FF}


外には、たくさんのたぬきがいました。


{154B7DCE-D2E8-4C86-A8F1-95AFB29F204E}


片隅には、カッパやカエル、フクロウなどもいました。

夜見ると、少し不気味に感じそうです。

{C12BD176-9DFD-4E82-A104-18E7DECF303E}


少し遅いですが、端午の節句に飾る男の子の焼物が並んでいました。


{94E45C18-7752-4C0A-9C57-2A8EE20562C3}


その横には、雛人形の焼物もたくさんありました。



{1BD2D75C-F411-42A0-BAED-E0AFFB256978}
いろいろな焼物がある中、ひと際目立ったのが金のたぬきでした。

お腹を撫でると御利益がありそうでした。 ナデナデ!

食器などは、さら(皿?)にたくさんありましたのでぶらりと観光に来ても楽しそうでした。 ^_−☆

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事