せとものやき 散策

愛知県瀬戸市にある洋服リメイクのお店アトリエ トレhttp://s.ameblo.jp/ateliertre/ にお邪魔しました。

洋服やかばんのリメイクや販売など、デザイン+職人の技が評価されている大変興味深い世界でした。
{7ED19921-27B6-49C8-80D8-A819F45E1DDE}

尾張瀬戸駅のすぐ近くだったので、せとものやきのお店を散策しました。

{E90A7471-8AFC-44AC-81D0-6CDD3D374A38}

何軒もお店が並んでいました。

{4609E4C9-D8FE-4CD5-B031-A42E343C1799}

瀬戸川沿いにお店が並んでいます。

{9E08D85A-D13C-401C-8D51-5FB5494DD108}

1223年に陶器づくり・瀬戸焼がはじまりました。

{AADDCDE1-457F-475C-97EE-FC20CBB22870}

1807年に磁器づくりがはじまりました。

掟で、長男しか陶器づくりができず、二男、三男は磁器づくりを行ったそうです。
ちょっと不思議な掟で、同じ場所で陶器、磁器の両方とも繁栄したそうです。
お店周辺には、いろいろなオブジェがありました。
{F64D13FF-0318-433F-92F0-341A3E82B1F1}
{20AE4228-1093-48D5-859E-E5290BA1F516}
{B659D122-8ECE-4555-9E14-1B7C35099163}
{0C1D6A06-7215-4AB7-843A-45640E462794}

陶製ロボットのオブジェもありました。

9月に開催される「せともの祭」では大変多くの方々で賑わうそうです。
{1848404A-6E88-4A3C-A1A5-05F052BF6630}

陶の路があり、商店街から窯元、工芸館などへの観光ロードが設定されていました。

瀬戸川沿いに多くのお店が出店されるそうです。
{84F7AB37-A64D-4D77-8410-501C2994F967}

鬼瓦のランプシェードみたいなオブジェもありますしたが、鬼のデザインは瓦とは全く違うものでした。

我が高浜も鬼みちがあります。
同じ焼物の街同士ということで、交流させてもらえると面白いですね〜❣️(o^^o)
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事