国総研 共同研究成果報告会

成果報告会に参加しました

東京で開催された国総研の共同研究
成果報告会に参加しました。
国総研は国土交通省の中の
国土技術政策総合研究所として主に、
国交省が主管する建築や建設・土木等の
新しい技術を開発したり、現在の法律等の
改正につなげる基礎的な実験を行ったりしています。

今回の発表は・・・

今回の発表は住宅支援機構のすまい・るホールで開催されました。
この共同研究は木造住宅の外皮にかかわる実験で
「木造住宅の雨漏り、結露、劣化リスクを軽減」
「劣化リスクを防ぐ」ために、屋根や壁、基礎、
また使用される部材や新しい施工技術を各業界団体や
学術者の皆さんと5年にわたって研究されてきたものです。

我々、粘土瓦関係者をはじめ、施工される方々も
関わっての研究・実験でした。

ユーザーの求める住宅は・・・

住宅を建てられた方や建てられる方へのアンケートで
求められているものは、

これだけ自然災害(大地震)とかがあったにも
関わらず、耐震性よりも「長く使える住宅」を
求められていることがわかりました。

今回の実験・成果発表では、それら求められている
事を達成できるような施工技術・方法をまさに
行ってまいりました。

それ辺りについてはまた、改めてブログで
ご報告したいと思います。

住宅は大変価値の高い物です、
予算もあると思いますが、ただただ
安いだけの住宅や内装の見栄えの良い住宅だけで
なく、壁や屋根のしたの目に見えない部分の
施工方法にも着目していただければと思います。

外見等で無理をしている住宅は
のちのち雨漏りや結露等で痛い目に
なることが予想されます。

慎重にご判断くたざいね。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

神谷社長
住まれている皆様の大切なお家を 風雨・暑い日光から昼夜を問わず 守る屋根。
弊社は住まれている皆さんに成り代わり、卓越し経験豊富なスタッフと共に しっかりと新築・リフォーム・メンテナンスを問わず取り組ませさて頂きます。
  「屋根から笑顔をつくる。」をモットーに、 皆様のお困りごとに、お役立ちさせていただきます。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事