建築分野におけるドローンの技術セミナーに参加してきました!

建築分野におけるドローンの技術セミナーに参加したの巻!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(カミセイ)のDr.神谷です。

日本建築ドローン協会のセミナーに参加しました!

現在できること、今後の可能性について、大変勉強になりました。

建築とドローンの関係

その中で、ドローンの歴史を教えてもらい、建築との関わりについても興味深かったです。

上図は1910年のアメリカの雑誌「ライフ」に掲載されたマンガだそうで、ニューヨークの摩天楼街を飛び回るヘリコプターと車の合体したような乗り物が描いてあります。

高い塔が点々とあり、乗り物の基地になっています。

ライト兄弟の初飛行から7年しか経過していないときのマンガです。

上図は帝国ホテルの設計で有名なフランク・ロイド・ライトの描いた未来都市の理想図だそうです。(70年ぐらい前)

4つの羽があるすり鉢状のドローンと建物にはそれが着陸するドローンポートが描かれていいます。

このような大型ドローンも近い将来は、現実のものになりそうですね。

建物外観を点検することがドローンと建築の関わりかと思っていたのですが、もっと大きな意味での関係性でてくることに気付かされました。

 

ドローンの歴史

ドローンの歴史は軍事目的がスタートでした。

無人標的機だそうです。

戦闘機の射撃訓練用に開発されました。

それからどんどん進化して、ターゲットドローンが生まれたそうです。

その後、固定翼のある無人航空機を経て、現在のドローンへとつながっています。

今後もさらなる進化を続けていきそうですね!

 

とりあえず、屋根としては、現状のドローンを活用して点検業務をしながら、今後の進化にも期待したいと感じました!

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事