のりのりフットワーク理事会に参加しました

NPO法人のりのりフットワーク
理事会に参加しました

自分が応援している、就労継続B型事業所の
カフェ&ベーカリーふるふるの母体である
非営利活動法人のりのりフットワークの理事会に
参加しました。

自分は地域の人間として、副理事長としてかかわって
います。中里理事長のサポート役として
事務局全般と地域やまち協とのショックアブソーバー的な
役目としてかかわっています。

平成30年度の事を話ました

議題は事業所の運営状況の報告や
通所してくるチャレンジドの子達の様子や
高浜市をはじめとした近隣市のチャレンジドの
子達が支援学校を卒業したあとの行き場に
対してふるふるが受入場所になれるのか?

定員数はどうなのか?今後必要になるであろう
生活介護事業や「親なき後のこと」を考えて
グループホームの問題であったりと、課題は
山積な状態です。

参加メンバーは・・・

理事のメンバー構成はと言うと、
チャレンジドの親や地域の代表・弁護士さん・
まち協理事の方など、チャレンジドの自立支援に
思い入れを持った方々が理事として参加されています。

現在、カフェ&ベーカリーふるふるの定員は20名です。
法律で認められている、定員の1.5倍までの25名
になりそうな状況です。

それだけチャレンジドの子達の行き場所がない状態なのです。

自分も地域の人間としてかかわっている以上その
状況の打破、事業所としての拡充等、現在置かれている
状況が改善できるように支援の輪を広げていきたいと
考えています。

どうぞよろしくお願いします。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

神谷社長
住まれている皆様の大切なお家を 風雨・暑い日光から昼夜を問わず 守る屋根。
弊社は住まれている皆さんに成り代わり、卓越し経験豊富なスタッフと共に しっかりと新築・リフォーム・メンテナンスを問わず取り組ませさて頂きます。
  「屋根から笑顔をつくる。」をモットーに、 皆様のお困りごとに、お役立ちさせていただきます。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事