瓦屋根の10年点検 メンテナンスの必要なしでした!

瓦屋根の10年点検しました!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(カミセイ)のDr.神谷です。

瓦屋根の10年点検を行いました。

結果、全く異常はありませんでした。

桟瓦は変色・コケなど全く問題なしです。

次に、瓦以外の部材が大丈夫なのか?しっかり確認しました。

雨押え板金は錆などなく、しっかりしていました。

谷板金は孔開き、錆はありませんでした。

色は若干、褪せている感じでしたが、雨漏りの心配はなしです。

続いて、棟瓦と三つ又瓦の隙間のシーリングを確認しました。

シーリングの周辺端部は白く変色していましたが、本体部分はグレー色になっていましたが、触った感じは弾力があり、まだ切れる感じではありませんでした。

冠瓦を留め付けているパッキン付きビスの浮きはありませんでした。

黒いパッキンは切れて、外れているものもなく、問題ありませんでした。

もちろん、ビスはステンレス製で、錆は発生していませんでした。

棟瓦の下部には、しっくい・南蛮漆喰などの湿式の代わりに、乾式棟面戸を使用しています。

10年経過しても、ブチルによる瓦と面戸の接着部分はがれていませんでした。

面戸はアルミ製で、黒い塗装品となっていますが、塗装のはがれもありませんでした。

隅棟の段差が大きい部分も瓦の形状なりに納まっていました。

メンテナンスをする必要はありませんでした。

 

まとめ:瓦屋根の10年点検、メンテナンスの必要なしでした!

瓦屋根の10年点検を行いましたが、点検だけで、補修する必要はありませんでした。

瓦自体は劣化の心配がないので、当たり前ですが、その他の部材が少し気になっていましたが、どれも著しい劣化はありませんでした。

とくに、乾式棟面戸は日本で使用し初めて、すぐの物でしたが、10年経過しても問題なしです!

次は、15年点検で確認したいと思います。

お問い合わせはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事