天窓(トップライト)の点検を行いました! 築17年でしたが、問題なし!!

天窓(トップライト)の点検を行いました!

太陽光ブーム前の住宅では、天窓を設置した物件が多くあります。

そこで、築17年経過した天窓(トップライト)を点検しました。

 

ベルックス製の手動開閉タイプ

ベルックス製の手動で開閉できるタイプでしたが、動作は問題ありませんでした。

天窓の外観です。
ガルバリウム鋼板の塗装は退色していますが、赤錆は発生していませんでした!

内側の金具を確認しましたが、錆び等は発生していませんでした。

外側の金具ですが、こちらもネジの緩み等もなく健全でした。

室内側木枠の隅です。埃や何かのカスが堆積していました。

反対側の木枠には水垂れ痕がありましたが、腐朽等はありませんでしたので常時濡れてはいないと思います。

木枠全体としては健全でした。

外側の水切りを留めているビスがなぜか4本錆びていました。

他のビスは錆びていません。

この錆びも水切り側に拡がっていませんでした。

その他、水切り自体の錆び・劣化は見られませんでした。

シール材として使われているゴム系の部材も著しい劣化は見られず、引き続き使用可能でした。

まとめ:築17年の天窓点検、問題なし!

築17年の天窓を点検しましたが、著しい劣化は見られませんでした。

漏水・結露による木材の腐朽劣化はありませんでした。

金属類の著しい腐食もありませんでした。

補修することなくこのまま使用可能でした。

以外と丈夫で、安心しました。   (#⌒∇⌒#)ゞ

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事