小学校のオブジェ 子供たちの作品 ハートがいっぱい

昨日、小学校に行った時におもしろいオブジェが有りました。

瓦の町にある小学校なので、焼物オブジェがいっぱい。
{4EBE9AED-0DF6-45F7-880B-C10A5528C438}

{553853E1-31B5-4AC5-92AD-005B7D5519F7}

ハートがたくさんある銘板?

粘土板をハートの中心で、手づけしているのかな?
丸い陶管はありますが、ハートは初めて見ました。
{CF58D539-989A-4845-9110-6E7DD44A5F7E}

卒業作品の焼物のトーテムポール?

一つ一つの顔が子供のいたずら書きのようです。
{0E56B378-C6BF-4B1B-B82A-A49441FCC5C8}

今年で40周年となるため、卒業作品の壁陶板が、いたる所にあります。

おまんと祭りを見事に描いています。
{2C5E8544-D66D-48C6-BDA0-88B0E0A58B09}

鬼ちゃんもいました。いぶし瓦と同じ製法です。

胴体のない鬼ちゃんも子供ごころに溢れてかわいい。
ちなみに、入口には、本物のオブジェもあります。
{01D921C8-7C2C-4CAF-998A-A03266968F4B}

ジェンカのようないぶし・焼物の板を幾重にも重ねてあります。

美術館ではないですけど、子供たちの作品も見る価値がありそうですね〜。
自分の卒業作品を今度、探してみようかな〜〜と。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事