瓦屋根のしっくい工事で、雨漏りが悪化する場合もあります!瓦屋さんに依頼しましょう!

瓦屋根のしっくい工事で、雨漏りが悪化した事例

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(カミセイ)のDr.神谷です。

瓦屋根の雨漏り補修工事の中で、しっくい工事があります。

しっくい工事を正しく行われなかったために、がかえって、雨漏りが悪化してしまうこともあります。

そんな事例を簡単にご紹介します。

 

玄関の天井から雨漏り

築15年が過ぎた頃から玄関の天井から雨漏りが発生したそうです。

そこで、雨漏りを直すために外壁の塗装と瓦屋根のしっくい工事をされたそうです。

すると、玄関からの雨漏りは直ったそうです。

しかし、この補修工事を行って、しばらく経過すると、今度は今まで何も問題がなかった居間の天井に雨漏りが発生するようになったそうです。

 

補修後に発生するようになった雨漏り

こちらは染みができるだけではなく、ポタポタと水滴が垂れるほどの雨漏りで、悪化したように感じたそうです。

そこで、雨漏りの原因を調べてほしいと依頼がありました。

 

雨漏り調査

お話を伺い、屋根・壁を診てみますと一見、問題があるようには感じませんでした。

外壁の塗装もきれいな状態でした。

瓦屋根もきれいで、健全な状態でした。

雨漏りしている箇所の真上を調べてみると手すりが1階屋根の上にありました。

その下はしっくい仕上げとなっていました。

 

前回の雨漏り補修で、のし瓦の下のしっくいが重ね塗りされているようです。

一方、手が入りにくいのし瓦の上は補修せず、そのままになっているようでした。

結果、のし瓦の下のしっくいをきれいに重ね塗りして、しっくいの厚みが増したために、2段目ののし瓦から垂れて入り込む雨がしっくいの奥に浸入して、排水できなくなり、新たに雨漏りが発生してしまいました。

なんとなく、しっくいを重ね塗りする塗装屋さんが引き起こした雨漏り事例でした。

 

しっくい補修する場合は、古いしっくいを取り除き、新しくしっくいを塗り直しすることが極めて重要です。

瓦屋根の雨漏り補修/しっくい工事は、この仕組みが理解できる瓦屋さんにご依頼ください。

しっくいを塗るだけなら、他の業者さんでも施工可能です。

しかし、これは見た目がきれいになるだけなので、ご注意ください。

風雨による雨の浸入を防ぐしっくいの役割とのし瓦の隙間から入った雨を排水できる位置に施工する両方が求められます。

是非、お近くに瓦屋さんにご相談ください。

 

まとめ:瓦屋根のしっくい工事で、かえって雨漏りが悪化することもあります。

瓦屋根のメンテナンスでよく行われるのが、しっくい工事です。

ただ、しっくいを塗っているようですが、雨仕舞に注意する必要があります。

安心して依頼するには、お近くの瓦屋さんにご依頼くださいね。

屋根のことは、わかりにくい所が多いと思います。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事