三河の窯業展 三州瓦の特長①地震・台風に強い!

三河の窯業展 三州瓦の特長①地震・台風に強い!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(カミセイ)のDr.神谷です。

三河の窯業展にて、三州瓦の特長がわかりやすく展示してありました。

今日は、その特長①として、地震・台風に強い!をご紹介いたします。

地震・台風に強い現代基準の瓦施工/ガイドライン工法

現代の瓦屋根は、瓦も施工も災害に強くなっています!

①瓦は防災瓦に進化!

②施工はガイドライン工法(耐震・耐風工法)が普及!

具体的な部分はこちらです。

①瓦は防災瓦に進化!

瓦が台風で飛ばない、地震で落ちない工夫として、防災瓦に進化しました!

左が従前タイプ、右が防災タイプです!

どこが進化したかというと瓦のこの部分です!

防災タイプには瓦同士が掛かり合う出っ張り付いています。

わずかな違いですが、大幅に性能が向上しました!

現在、三州瓦は特別指定をしなければ、防災瓦となっていますので、ご安心ください!

②施工はガイドライン工法(耐震・耐風工法)が普及!

ガイドライン工法が普及する前の棟(旧工法の棟)はこの写真のように、葺き土でのし瓦・冠瓦を積み上げていました。

巨大地震では、葺き土と瓦の密着面が割れて、のし瓦・冠瓦の脱落・落下が発生しました。

そこで、耐震試験によって、安全性が確認されたガイドライン工法が普及しています。

葺き土の中に、棟補強金具・補強木材・のし瓦緊結線が入っていて、金物によって、家に留め付けられています。

この工法では、東日本大震災においても大きな被害はありませんでした。

 

まとめ:三州瓦の特長①は「地震・台風に強い!」です!

三州瓦の特長は「地震・台風に強い!」です。

瓦の進化、工法の普及により、三州瓦の屋根は安全・安心となっています。

しかし、残念ながら昔の瓦屋根は旧工法のままで、まだ、数多く存在しています。

その屋根では、巨大地震で被害が発生する可能性がありますので、棟の部分的な耐震補強などが有効と言えます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事