組合の実験棟 陶板外壁 超高耐久仕様

組合にある小屋裏環境を測定する実験棟の壁をドレスアップしました。

なんと、焼物でサイディング形状の長尺陶板外壁を設置しました。

 

陶板4

 

もともと、屋根の実験棟だったので、壁材はなく合板のままでした。

合板ですと劣化しやすいため、瓦業界内で生産している壁材を施工することになりました。

 

陶板1

 

施工はサイディングとほとんど同じです。

陶板2

 

長さ1820mmの長尺陶板を貼っていきます。

 

陶板3

 

焼物なのに、このように真直ぐ仕上がっています。

 

陶板5

 

開口部に合わせて、このようにきれいにカットできます。

 

陶板6

 

留め付けは金具留めとなっています。

 

陶板4

 

屋根・壁とも焼成品なため、耐久性は抜群です。

褪色などはほとんどないため、経年での再塗装は必要ありません。壁も瓦と同じで材料としては、100年以上の耐久性があります。

実験棟としておくには、もったいない超高耐久で、高級な屋根壁となりました。

 

今年度は、小屋裏換気について名城大学さんと実験を行いました。

また、実験の結果についてもご紹介いたいます。  (#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事