高浜港駅舎 建て替え

普段使う名鉄三河線・高浜港駅舎の建て替え工事が進んでいます。

子供の頃からずっと使っていた駅です。(少なくとも40年以上前です。)

高浜港1

また、市民映画の「タカハマ物語」のポスターに使用された鬼瓦が中にいる駅舎です。

ポスターでは、きれいに画像処理されていますが、老朽化が進んで建て替え中となっています。

高浜港5

今日の駅舎の写真です。ポスターにあった大きな木やポスト、自動販売機もなくなっています。

高浜港2

赤丸の瓦屋根には、大きな木の名残で、落ち葉が残っていました。

高浜港3

よく見ると奥に新しい駅舎の屋根が見えています。

高浜港4

「安心しました。」という感じで、新しい駅舎も日本瓦が施工されていました。

瓦の街の玄関となる駅舎はしっかり、「かわら」ない印象のままにしていただいたのかな?と思いました。(名鉄さん、ありがとうございます ヾ(@^▽^@)ノ )

年に2回行われる「鬼みちまつり」のスタート場所でもある高浜港が瓦屋根で、鬼瓦が使われることを気付き、マニアですが、うれしくて写真を撮りました。  (#⌒∇⌒#)ゞ

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 kao

住宅調査・雨漏り調査  (

)

藭清(かみせい)


神谷 昭範(かみや あきのり)です


【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】(JSHI)(住管協)

ホームインスペクター

    

住宅メンテナンス診断士


   

二級建築施工管理技士

(株)藭清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクター

amamori

     

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋・安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多 等

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事