新型天窓・太陽光照明システムを体験してきました!

新型天窓・太陽光照明システムを体験してきました!

太陽光照明システムにより、自然光を日当りの悪いお部屋にも届けるというエコな考え方を勉強してきました。

 

採光5

 

青丸部分にライトの光を当てるとチューブを通って、下の赤丸の部分に、明かりが届くというものです。

 

青丸の部分を屋根の上に設置しますと日光を採り込み、昼間、室内にある赤丸部分が明るく光続けます。

電気を使わず、エコで自然な光を採り込めます。

 

採光4

 

チューブは光を導く高性能な反射チューブとなっていました。

 

採光1

 

外部に光を採り込む特殊な採光ドームを設置します。

 

採光3

 

室内にある光を拡げる拡散レンズから部屋全体にやさしく自然な光が届きます。

 

昼間、電気を使うと「もったいない」と思う価値観を持っている方には、ピッタリの考え方だと思いました。

「もったいない」と思わずに、明るいお部屋にすることができます。

 

また、太陽に合わせて、明るさも変化するため、より自然に近い感覚を体感するそうです。

 

太陽光発電とは異なる太陽光の利用方法があると勉強してきました。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。  (#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事