屋根の5年定期点検 ドローンで実施しました! どこまで見えるかな~? 

ドローンの屋根点検 築後5年の定期点検で実施しました!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(カミセイ)のDr.神谷です。

先日、住宅の5年定期点検において、ドローンを使用して、屋根点検を実施しました!

弊社が施工した瓦屋根と太陽光パネルを点検しました。

 

ドローンで上空から屋根を撮影

ドローンで上空から30mから屋根を撮影しました。

午前11時頃ですが、5寸勾配屋根の南面と北面では全く別世界となっていました。

太陽光パネルが設置してある南面は日射が当たり、テカテカしています。

一方、棟部(屋根の頂点)を境に、北面全体が日陰となっています。

屋根材の温度も南北では20℃程度、違っていると思います。

 

画像から点検

撮影した画像から屋根を点検します。

太陽光パネル表面で著しい変色などはありません。

太陽光パネルはパネルごとで、変色している物件を見かけることもありますが、全く変化していなかったので、一安心です。

周辺の取付金具も赤錆などはありません。

北面の瓦屋根を見ても、変色、割れなどもありません。

瓦屋根は5年経過しても、新品同然で劣化は全くありませんでした。

5年点検しましたが、屋根の異常は発見できませんでした。

 

どこまで見えるの?

画像の赤丸部分に白い点が見えたので、それが何か確認しました。

画像を拡大してみますと、こんな感じです。

4枚の瓦にそれぞれ、白い点が付いていました。

白い点ということで、鳥の糞かとも思ったのですが、均等に配置されているので、違います。

瓦を留めるビスの頭のように見えます。

そこで、5年前の工事写真を見返してみました。

すると、4枚の点検瓦をビスで留めていました。

ビスの頭は約10mmですので、10mmぐらいの異変は見つけることができました。

瓦屋根の定期点検では、瓦屋根の割れ、欠けなどの不具合を考えてもこれぐらいの大きさが確認できれば、OKです!

一方、スレート屋根などはひび割れなどの不具合があるので、もう少し低空での撮影が必要と言えます。

 

まとめ:瓦屋根の定期点検は、ドローンでバッチリみることができます!

瓦屋根の5年定期点検をドローンで実施しました!

瓦屋根、太陽光パネルとも異常はありませんでした。

どこまで見えるかな?と調べたところ、ビスの頭約10mmを認識できました。

今後もドローン屋根点検を実施しますので、面白い内容がありましたら、ご紹介します!

専門用語もあり、わかりにくい所もあったかと思います。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
神清は【STOP!!屋根リフォーム詐欺(サギ)】活動中です!
屋根の正しい情報を今後も発信し続けます!

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事