ガーデニングに再利用した廃レンガ!すばらしいガーデニングデザインの部品の1つとして生き返りました!!

こんにちは~。
屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

瓦を焼成するときには、レンガで作った焼成台車に瓦を積み込み、窯で1,100度以上の高温で焼成します。

定期的にそのレンガを交換しますので、使用済みレンガ屑が発生します。
それをガーデンニングの部材として使用してみました。
{31286F40-6743-426A-BBF0-7B265CF381D6:01}

新築物件の庭に使用しました。

{D8249032-88C1-45F2-9EDF-BC08924BFAEB:01}

玄関のアプローチに敷いてあります。
厚み60mm幅80mm長さ800mmの廃レンガが並んでいます。

{EDEACBAB-2D33-4095-A2FD-506E79F6D9B1:01}

廃レンガは茶〜黒までバラついて、いい雰囲気になっています。

{A37C7758-9CEB-4233-935E-798E98721BE5:01}
{0117195B-C0B2-430E-9661-CAC67C62069F:01}

芝の境目や砂場の境目にもレンガを使用しています。

廃レンガのガーデニング再利用は使い方によっては、新品レンガにはない経年美の雰囲気になると好評をいただきました。
捨てるだけだった廃レンガがすばらしいガーデニングデザインの部品の1つとして生き返りました。
材料代を安価にすることにも役立ったそうです。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事