市民の生命・財産を守る高浜市消防団入退団式

平成30年度
高浜市消防団入退団式が挙行されました。

平成30年度の高浜市消防団入退団式が高浜市立高浜中学校体育館内で
開催されました。

式には、退団される団員の方やこの春から入団する方。
各町内会会長さんや市役所職員・消防団OBの方々や
市会議員の皆さん。来賓の県議先生や国会議員(代理の秘書)さん、
碧南警察署署長・高浜幹部交番所長さんなどが出席されていました。


退団者に退団辞令と退職報償金が支給されました。
今回退団された方は勤続10年以上で最長者は16年もの
長き長きに渡って消防団活動に従事してこられてます。

本当に頭の下がる思いです。自分も11年間消防団員として
活動してきましたが、自分の11年も長いと感じましたが、
今の現役はそれ以上で大変だと思います。

自分の長男坊も消防団員ですが、今年、第二分団の部長職に
なるようです。分団の会計を預かるのでなかなか大変だと思います。

消防団の活動は・・・

消防団の活動は、火災時の消火活動・後方支援・残火処理。
水防団も兼務しているので、台風や大雨などの際に
出動して樋門の開閉や要救助者の救助等、また、日頃の
啓蒙活動や消火栓の点検等幅広い仕事があります。

また、地域でのイベントのお手伝いや救急法の勉強や
消防ホースを伸ばしたりする訓練・ポンプ車操法訓練と
たくさんの訓練があります。

式が始まりました

退団者の挨拶は「たくさんの友達が出来て
消防団活動は有意義であった」との挨拶でした。

新たに入団された10名方の代表者の挨拶は
「日本国憲法を尊重して、全体の奉仕者として人命・
財産を災害から保護し、法令を守って良心に従って
誠実に職務を遂行する」との決意を頂きました。

自分もそうだったかな?

神谷団長からは、最近は待機することが多くで
本当に消防団は必要なのか?と言われるが、
訓練や待機で済むという事はありがたい事であり、
消防団は必要であるし頼りにされている。

必ず集まり待機する事!!

本当に重要な事だと思います。
有事は起こって欲しくないですが、
必ず必要とされる地域防災の要です。

頑張ってください。

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

神谷社長
住まれている皆様の大切なお家を 風雨・暑い日光から昼夜を問わず 守る屋根。
弊社は住まれている皆さんに成り代わり、卓越し経験豊富なスタッフと共に しっかりと新築・リフォーム・メンテナンスを問わず取り組ませさて頂きます。
  「屋根から笑顔をつくる。」をモットーに、 皆様のお困りごとに、お役立ちさせていただきます。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事