透湿ルーフィング協会のセミナーに参加しました!

透湿ルーフィング協会のセミナーに参加しました!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(カミセイ)のDr.神谷です。

透湿ルーフィング協会のセミナーに参加しました。

今回で2回目となる~透湿ルーフィングを知って、ファンになってもらう~を目的として、開催されたセミナーだそうです。

建築業者さんを中心に、大勢の方が参加されていました。

 

透湿ルーフィングの特長

その1.透湿ルーフィングを使用することで、屋根の結露を軽減できます!

その2.高温暴露・低温でも亀裂が発生しません。

アスファルトルーフィングは高温・低温では、折り曲げると亀裂が入るそうです。

一方、透湿ルーフィングは高温・低温でも折り曲げに強いそうです。

屋根のけらば・壁際などで、どうしてもルーフィングを折り曲げながら、雨仕舞をすることになっています。

そういう場合でも、透湿ルーフィングは安心です!

 

透湿ルーフィングの施工説明動画

透湿ルーフィングの施工について、動画で説明がありました。

動画は、瓦業界の丸惣(まるそう)・佐々木様から説明がありました。

瓦と透湿ルーフィングで、長寿命な屋根が実現できるとのことでした。

 

シミュレーション結果の報告

透湿ルーフィング協会の顧問でいらっしゃる土屋先生から、透湿ルーフィングとアスファルトルーフィングの違いをシミュレーション計算からわかりやすく説明いただきました。

屋根断熱モデルでのシミュレーションです。

瓦屋根において、屋根からルーフィング下へ若干の雨水浸入がある前提での計算です。

紺色の線が野地合板上面の含水率となっています。

ゴムアス+合板(2番目のグラフ)では、紺色の線が高い位置でキープされています。

一方、透湿ルーフィング+合板(3番目のグラフ)では、紺色も低位になっています。

透湿ルーフィングは雨水が入っても乾燥させることを表しているそうです。

 

まとめ:透湿ルーフィングは長寿命な屋根に適しています!

透湿ルーフィングの特長をセミナーで教わりました。

近い内に、シェア10%となるように特長をPRをしていくそうです。

屋根も壁と同じように、呼吸するシートになっていく予感がしました。

お問い合わせはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事