築18年の住宅の実生活温度を測定しました! 夏、暑いですね!

築18年の住宅の生活温度を測定しました!

みなさま。こんにちは~。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

実際に住まわれている住宅の温熱環境測定を行いました。

その1として、築18年の木造住宅の測定結果をご紹介いたします。

 

住宅温度測定?

仕様としては、以下の通りです。

・2階建て・新省エネ基準の住宅

・屋根材:化粧スレート、外壁:窯業系サイディング、

・小屋裏換気:妻換気タイプ

住宅温度測定?

住宅温度測定?

小屋裏・天井断熱材はグラスウール50mmが設置されていました。

 

測定結果

夏季

住宅温度測定?

上のグラフは、夏季の温度測定結果です。

外気温35℃の時

①小屋裏温度は45℃、

②2階居室温度は43℃ (1日の最高温度43℃、最低温度28℃)

かなり暑い室内部屋になっています。

また、小屋裏もかなり高温となっていますので、夜になっても天井から熱気が降りてくる状態です。

 

冬季

住宅温度測定?

上のグラフは、冬季の温度測定結果です。

外気温4℃の時

①小屋裏温度は0℃ (外気温度と比較して、4℃低下しています。)

これは、放射冷却により化粧スレートが温度低下し、それに連れ、野地合板、小屋裏の温度が低下しています。

野地合板は0℃以下になっています。

このような状態で小屋裏が高湿の場合(天井面での防湿層の欠損)、野地合板裏面で結露が発生します。

また、温度の動きから、日中は1階居室で暖房を間欠的に使用していることがわかります。

 

まとめ:築20年近い住宅は、夏暑いですね!

築20年近い住宅は、断熱仕様基準が低いレベルとなっています。

現在の高断熱・高気密の住宅に比べますと温度の変化が大きく、省エネではないことがわかります。

冬の燃料費などを考えなければ、暖房をどんどん使用して、快適性を高めることはできます。(省エネ・エコ・ローコストではない)

一方、夏の日中、40℃を超える室内では、冷房・エアコンを使用しても、居室内において、上下で温度差ができ、不適な状態です。

夏の快適性の向上に関しては、遮熱・断熱などの改修が必要となります。

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事