屋根・壁を瓦にする試みです!メンテナンスフリーに近いかも?

屋根・壁を瓦とする試みです!

みなさま。こんにちは~。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

三州瓦メーカーさんが新しく取り組んでいる壁材をご紹介いたします。

簡単に言うと「壁も瓦とする!」というものです。

何社か、壁材を瓦の製法で造る取り組みをしていますが、ここは意匠面・耐久性に特徴を持たせています。

はじめに、粘土瓦はCASBEE(建築環境総合性能評価システム)において、60年の寿命と評価されています。

もちろん、屋根材の中で、最長の評価を得ています。

その粘土瓦のしくみを取り入れた壁材とはどんなものか?

外壁を施工している現場を見学しました。

 

外壁材

長寿命?

長寿命?

ダークブラウン色で焼き物の質感があり、意匠として彫りは深く、高級感を感じます。

表面の柄・色は変更可能とのことです。

瓦のしくみを取り入れたとは、実際にどんなものか、ご説明いたします!

サイディング

 

一般的なサイディングでは繋ぎ目をシーリング(接着材による止水処理みたいなもの)しています。(下写真)

 

長寿命?

そのシーリングは南面5年〜北面10年で劣化して、雨漏りの原因にもなります。

そのため、定期的に再シーリング・再塗装の必要があり、維持管理するメンテナンス費が膨大になります。

瓦のしくみ

一方、瓦は上下左右がすべて重なっているため、シーリングを行わない仕様となっています。

今回の取り組みは、壁材も上下左右を重ねることで、シーリングを行わない仕様としています。

また、金具留め付けの乾式工法になっていますので、軽量であり、タイルのような将来に渡って、浮き・落下や割れの心配もありません。

長寿命?

★屋根・壁を瓦(セラミックス)仕様にする★

①壁材1枚1枚の大きさは瓦と同じ程度であり、小割感のあるデザイン・質感において、重厚で、オリジナル・高級感がある。

②瓦の素材としては、CASBEEで60年と評価されているように長寿命である。

③4方重なりとなっているため、再シーリング・再塗装する必要がない。

④維持管理費が大幅に削減でき、長寿命住宅を考えた場合、イニシャルを含めたトータルを考えても経済的となる。

⑤瓦の下には、サイディングがあり、防火性能・雨漏り等はサイディングが受け持っている。

壁の瓦(セラミックス)仕様は始まったばかりですが、逆に、オリジナル性を出すことも可能ですので、楽しみな試みですね。

壁で雨漏りしやすい、窓廻りなどの納まり・耐久性が高くなれば、屋根・壁のメンテナンスフリーも実現できるかも?です。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事