「瓦」のイメージは「・・・」なんですか? 私は「コスパが良い!」です。 

瓦の新しい取り組み 軽量屋根・壁材の発表会に参加しました!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

三州瓦の新しい取り組み、軽量屋根・壁材の発表会に参加しました!

瓦の原料をもとに、中空形状にすることで軽量化した画期的な材料です。

石川時鐵工所さんと名古屋工業大学で共同研究した成果です。

材料の紹介は、またの機会に詳しくします!

今日はその発表会の中で、一番印象に残った発表者のコメントを紹介します。

 

発表会の開発品はこちら

開発品はこんな感じです。

この薄い材料は焼成品で、屋根・壁に使用できます。

実際に施工した感じはこんな感じ。

いぶし瓦と同じ色合いになっていて、屋根・壁とも施工されています。

近くでみると、

スッキリした感じです。

何と言っても、これで屋根・壁とも大規模なメンテナンスが不必要となります。

焼き物なので、釉薬によっていろいろな色を出すこともできます。

商品化近くなったら、性能を詳しくご紹介します!

 

瓦のイメージは?

来賓の方のスピーチの中で、参加していた学生さんに質問がありました。

「瓦のイメージは?」

すると、学生さんは「古い」とイメージしていました。

スピーチの方が昔流行ったクイズ100人に聞きましたならぬ、女子高生100人に聞きましたを30年前に行ったそうで、その当時の女子高生が持っていた瓦のイメージとは?

1位・・・空手

2位・・・古い

だったそうです。

1位の空手は瓦割りからの連想だと思います。

そして、2位が「古い」ということで、つまり、30年前から瓦のイメージは「古い」ということになります。

これは、「瓦」=「日本瓦」=「古い」という連想だと思います。

 

瓦の現在の主力は「平板瓦」

実は使用されている瓦のおいて、「日本瓦」=20%程度です。

主力は約80%の「平板瓦」に変化しています。

平板瓦の屋根はこんな感じです。

これを見て、「古い」とはならないと思います。

「現在の瓦」=「平板瓦」=「・・・」

つまり、平板瓦のイメージが一般の方にはないと思われます。

 

私の「瓦」のイメージは「経済的」「お得!」「コスパが良い!」

私が「瓦」のイメージを答えるなら、「瓦」=「経済的」「お得!」「コスパが良い!」です。

35年のトータルコストでは、圧倒的に安価であることを意識してほしいのです!

そんなことを気付かせてもらいました。

今後、瓦の新しいイメージを持っていただけるように発信したいと思いました!

とりあえず、「瓦」=「・・・」に入れるキャッチコピーを考えたいと思います。

みなさまも、いい案がありましたら、是非お気軽にアドバイスくださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事