雨漏りで困る人をゼロにしたいから「本気の雨漏り有料調査」を始めます!(※今だけ試験的に無料!)

雨漏り修理で一番大事なのは「調査」です。

日頃から屋根から人の笑顔を作りたい!!!をモットーに活動している、創業150年老舗三州瓦メーカー神清(かみせい)の神谷と申します。

さて、梅雨が気になるこの季節。

屋根屋には下のような雨漏りのお問い合わせが増えています。

我が家に突然、雨漏りが・・・、どうすればいいの?

年に数回の雨漏りなので、我慢していたけど段々、回数が増えて来て、とても心配!

業者に依頼したけど、直らない。どの業者がいいの?

など、雨漏りの悩みはホントに憂うつですよね!

 

雨漏り事業をはじめて、この10年、様々なお施主様のお悩みに接してきました

雨漏りのお宅を訪問して、いろいろな状況を調査・補修し、お話をうかがっている間に、ふつふつと湧いてきた思いをお伝えしたいと思います。

 

雨漏り修理は「調査」をしないと正しい見積もりは出せないハズなんです。

神清(かみせい)が考える「雨漏り修理」とは、雨漏りを止める工事のこと!調査をきちんとした後に行うことなのです。

「そんなの当たり前でしょ」

と思われた方も多いのでは。

私も当たり前のことだと思っています。

しかし、現実はそうではありません。

「調査なし」で行なっている修理は、修理じゃない!

「雨漏り修理」=塗装、シーリング、葺き替えなどのメンテナンス工事と勘違いしている業者さんがとても多いのです。

先日、体験した事例ですが、

雨漏り修理の依頼をいただいたお宅で、塗装業者さんと相見積となりました。

雨漏りの浸入箇所がわかりにくく、2人掛かりで撒水して、なんとか見つけ出しました!

見積を提出した所、お施主さまから話がありました。

「もう1社、依頼した塗装業者さんは、見に来たけど、外壁を確認して、『後で、見積を送っときます』と30分もかけずに帰っていった。そこに頼んで、本当に雨漏りが直るのか心配なんだよね。」

お施主さまが直感的に心配されるのは、当然だと思います。

実際、雨漏りの浸入箇所は外壁ではなかったので、塗装業者さんに頼んだら、直らない雨漏り物件になっていた所でした!

 

「無駄なお金と時間」をお客様に負担させたくないから、神清は最初にしっかり調査する。

弊社は御見積を提出する前に、きちんと調査して原因をつかみ、お客様に説明を必ずしています。

雨漏り箇所、建物外観だけではなく、小屋裏、天井上などもできるだけ調べます。

 

原因をきちんと特定することで、お施主さまの安心を保証します!

いろいろな機材を使って、多くの情報を得て、原因を特定します。

・補修後の雨漏りの再発率を低くします!

・無駄な工事を提案しません!強引な営業を行いません!

・神清の蓄積した知識と経験をお客様に還元していきます!

 

責任を持つ覚悟があるから「本気の雨漏り有料調査」。

お客様の雨漏りを直したいという気持ちにしっかりとお答えしつづけていきたいと常に考えています。

その考えをより明確にするため、

私たちの雨漏り調査・見積は、来年より16,200円(税込み)とさせていただきます。

補修工事をもし行うことになれば全額キャッシュバックします!

もちろん、調査後、補修工事をさせていただく場合は、工事費から相殺になり、実質無料になりますので、ご安心ください。

(建築業者様からの雨漏り調査は、今まで同様、引き続き有料(54,000円~)で行います。)

 

有料化にする3つの理由

有料化にする3つの理由。

それは、お客様の雨漏りがらみの安心を徹底的に実現したいという想いからです

1.徹底的に調べたい!

雨漏りを止めるには、しっかり原因を特定することです。

・現状を観察します。

・雨漏りの様子をしっかりお聞きします。

・調査機器もフル活用します。

・場合によっては、撒水も行います。

・屋根や壁の状況もしっかり確認し、わかりやすくご説明します。

・お施主さまのご要望もしっかりお聞きします。

・お施主さまとご家族さまの意志を尊重します。

・その意志と屋根・壁の状態に適した工事を専門家として提案します。

これらをしっかり行うためにも、時間・費用がかかるからです!

 

2.しつこい営業からお客様を守りたい。

普通の業者様は「調査・見積無料」が基本となると思います。

ただ、調査後ですが、当然、工事受注のための行動が中心になります。

どんな調査方法でも、必ず時間という費用はかかります。

その費用を取り返そうと、担当者は、

「前回の家がだめなら、次の家で」

「訪問して、何とかお願いしよう」

など、上司に怒られないように、お客様目線でない方向の提案をしてしまいかねません。

調査・見積有料化だと、その分の対価をいただけるので、調査だけとなっても、誰も困りません。

しつこく営業する必要がないのです。

 

3.ドローンなど新しい取り組みでさらに品質をあげる!

無料の現在でも、誠実に雨漏り調査をもちろん、行っています!

日々、現場での知識・経験が蓄積しています。

赤外線サーモグラフィ、含水計、ドローンなど検査技術の向上も計っています

 

そして、もっとも力を入れているのは、わかりやすく説明するサービスです!

屋根・壁はホームページで調べても、何が本当なのか情報がわかりづらい部分があります。

神清は正しいことを、現場できちんと状況を把握し、わかりやすく説明できる品質を今後、ますます向上させて行きます!

また、仮に特定できない場合は、御見積は作成せず、対策についてご相談させていただきます。

今年に限り、試験的に雨漏り調査を無料!

まずは、雨漏りの事例について日本一詳しくなるために今年に限っては雨漏り調査無料とさせていただきます

10年蓄積した点検・調査の技術とドローンなどの新技術を結びつけるために。

そして、なにより困っているお客様の事例をきちんと見極めるために。

今年いっぱいは「本気の雨漏り有料調査」を無料にさせていただきます。

少しでもきになる方はぜひお気軽にお電話くださいね。

 

まとめ:「本気の雨漏り有料調査」、今年は無料で行います!

梅雨を迎える今だからこそ、きちんと把握しておきたい「屋根の状況」

雨漏り調査をしっかり頼みたいと思われる方は是非、神清までご依頼ください。

今年は無料で伺わせていただきます!

もちろん無料だからといって手は抜きません。丁寧に、調査させていただきますのでご安心ください。

 

また、お電話やメールでのご相談は引き続き無料ですので、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事