中古住宅の売買時、住宅調査/あんしんくんを実施しました! 【愛知県高浜市】

中古住宅の売買時、住宅調査/あんしんくんを実施しました!

みなさま。こんにちは。

ホームインスペクターの神清(かみせい)・神谷です。

先日行った住宅調査/あんしんくんの内容を簡単にご紹介します!

建物状況調査(インスペクション)に関する規定が2018年4月1日から施行されたので、これから少しずつ、この言葉を耳にすることもあるかも?です。

中古住宅の売買時、インスペクション事業者をあっせんできるか記載するとか、インスペクションが実施された場合はその結果を説明するとか、売主・買主双方で確認することなどが行われるそうです。

インスペクションって聞くとなんか、むずかしいことのように感じますが、建物の状態を簡単にチェックすることだと思ってください。

これから、中古住宅を購入しようと思っている方は、自分の見た目だけで購入するのは少し怖いですよね!

購入したのはいいけど、住んでみたら雨漏りするなんていうのは、絶対避けたいことだと思います。

どの程度のものか、第三者にチェックしてもらうという仕組みです!

 

住宅調査/あんしんくんの内容は?

目視や簡単な検査機器をしようして、木造住宅の現在の状態を調べます。

インスペクター(調査員)と屋根屋としろあり業者の3人で行います。

調査する範囲は、屋根、各部屋、床下、小屋裏、外構などです。

1棟約2時間、その後、報告書もついて、54,000円~とお安くなっています。

報告書の表紙です。(約40P以上のボリュームとなります)

 

何がわかるの?

屋根/屋根に上がって、屋根材の劣化・不具合を調査します!

小屋裏/小屋裏に入って、雨漏りの有無を調査します!

外壁/外壁を目視します。塗装の劣化なども確認します!

室内/室内の傾き、扉の開閉などを調べます。

レベル計を使って、部屋の傾きを調べます。

キッチン/台所の水まわりを確認します。

浴室/浴室の破損、変形などを調べます。

お手洗い/便器の種類などを調べます。

床下/床下に潜って、蟻害の有無や湿気の状態を調べます!

基礎/基礎のひび割れ、鉄筋の有無などを調べます!

見ただけでは、報告書をもらってもよくわからないですね。

少し問題がある部分を劣化事象としてピックアップします。

最低、補修が必要な部分をお伝えします。

補修した場合の概算もお伝えします。

結果、中古住宅を購入後、リフォーム費用がどの程度必要なのか、目安となります。

何がわからないの?

耐震性能は調査できません。

着工時期からどの耐震基準で建てられているのか、判断する程度です。

断熱性能もわかりません。

同様に、着工時期から判断します。

 

まとめ:中古住宅の売買時、インスペクションを実施しましょう!

中古住宅の売買時、インスペクションを依頼しましょう!

特に、売主は思い切って、依頼しましょう!

雨漏りなどの有無を確認することで、後からクレームを付けられることもなくなります。

住宅の評価も客観的にみることができますので、計画が立ちやすくなると思います。

同じ住宅調査をするなら、あんしんくんはお勧めです!

屋根・小屋裏・床下を専門家に確認してもらえるので、安心度はさらに上昇しますよ!

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事