瓦屋根・銅板葺の雨漏り 葺き直し・カバー工法での補修事例【愛知県名古屋市】

工事の概要

屋根材:日本瓦屋根・銅板葺⇒ 日本瓦屋根・ガルバリウム鋼板・横葺き

日本瓦雨漏り補修(部分補修)/銅板葺をカバー工法で補修

価格:約15,000円/㎡(足場、下地補強抜き)

工期:2日間

築年数:40年 約20㎡

 

増築した部分のつなぎ目の瓦屋根・銅板葺からの雨漏り

日本瓦屋根で、増築部分のつなぎ目から雨漏りしていた現場でした。

雨漏りがときどき発生しているようで、天井の化粧材が垂れ下がっていました。

古い瓦屋根から軒先部を増築されたようで、つなぎ目が銅板葺となっていました。

雨漏りに対して、少しずつ補修された形跡はありましたが、根本的な解決には至らなかったようです。

日本瓦屋根は旧工法で築年数も経過していましたが、後何年住むかわからないということで、雨漏り補修のみを希望されましたので、日本瓦自体はそのままで、雨漏りしている部分を葺き直ししました。

日本瓦屋根の場合、部分的な葺き直しで雨漏り補修することが可能な屋根材です。

お施主さまの住まい計画に合わせて、メンテナンス内容を決定されることをお勧めいたします!

 

工事の手順

工事前の状態

工事前の屋根の状態です。

日本瓦は土葺きで施工されていました。

銅板葺の雰囲気は良かったのですが、雨漏りを止めることを優先しました。

1.古い日本瓦の軒先までめくる

日本瓦の雨漏りしている部分をめくりました。

日本瓦の下に入っている土葺きを取り除き、下地を確認しました。

 

2.下地として粘着層付きルーフィングを施工

銅板葺の部分に粘着層付き改質アスファルトルーフィング(白っぽい)、瓦部分には改質アスファルトルーフィング(グレー)を施工しました。

瓦屋根から浸入した雨水が雨漏りすることなく、軒先まで流れるように工夫しました!

3.ガルバリウム鋼板・横葺きでカバー工法

銅板葺の部分に、カバー工法で横葺きを施工しました。

4.日本瓦を葺き直し

日本瓦を部分的に葺き直しして、施工完了です。

強風雨で瓦の隙間から浸入した雨水を溜めることなく、軒先に排水することが重要です!

銅板葺のような高級感はありませんが、カバー工法で確実に雨漏りを止めることができます。

日本瓦の雨漏りは部分補修もできますので、使用年数・ご予算に合わせて、メンテナンス内容をお決めくださいね!

お問い合わせはこちら
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事