【お願い】ブロック塀等の安全点検時、併せて、塀瓦の点検も行ってください!

国土交通省から既設の塀(ブロック塀等)の安全点検実施の注意喚起がありました!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

6月21日、国土交通省から「建築物の既設の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検について」が発表されました。

・「学校における既設の塀の安全対策について」により、学校の塀の安全点検は既に取り組んでいる。

・ホームページに、既設の塀の安全点検のためのチェックポイントを作成し、掲載している。

・学校に限らず、既存の塀について、所有者等に安全点検するように注意喚起をお願いしている。

という内容です。

チェックポイントは、以下の内容となっています。

 

弊社のブロック塀を点検してみた!

1.塀は高すぎないか (基準:2.2m以下)

塀の高さは1.5mでした。 ⇒ OK

2.塀の厚さは十分か (基準:10㎝以上)

塀の厚さは12㎝でした。 ⇒ OK

3.控え壁はあるか   ⇒ OK

4.基礎はあるか ⇒ OK (最初の写真の⇒)

5.塀は健全か ⇒ OK

6.塀に鉄筋は入っているか ⇒ OK

鉄筋探査機を使って、調べました。

鉄筋の反応はありました。直径まではわかりませんが、細かく入っていました。

以上、ブロック塀の点検のチェックポイントに沿って、点検してみました。

6つともOKで、一安心しました!

ひとつでも不適合がある場合は、専門家に相談するように指示されています。

 

天端の塀瓦の留め付けも点検してみた!

ブロック塀の天端に塀瓦が施工されていたので、併せて点検してみました。

塀瓦を1枚毎、銅線でしばってありました。

銅線がどのように塀に留まっているか、確認してみました。

銅線はモルタルのに入り込んでいました。

しっかりと銅線が留め付けられていたので、塀瓦を銅線でしっかりしばることで、塀瓦自体の落下する危険性を感じませんでした。

 

塀瓦のチェックポイントとしては、

1.銅線が塀にしっかり留まっているか

2.塀瓦は銅線(釘・ビス等)で1枚毎に留められているか

3.塀瓦にひび割れ等の劣化がないか

この3点となります。

ブロック塀の天端には、塀瓦が使用されている場合も多いので、是非、併せて点検してください。

 

まとめ:ブロック塀の点検時、塀瓦の留め付けも点検しましょう!

国土交通省から既設の塀の点検のチェックポイントに則って、弊社(高浜市にある)のブロック塀を点検しました。

周辺に民家もありますので、ご心配をかけないためにも早々に点検しました。

併せて、その天端に施工されている塀瓦の留め付けも点検しました。

お願いですが、ブロック塀の点検時には、併せて、塀瓦の留め付けも点検してください!

留め付けがしっかり行われていないと脱落・落下の危険があり、人的被害が発生する場合も考えられます。

併せて、注意喚起をよろしくお願いいたします。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事