フラット35住宅仕様実態調査(屋根形状の傾向・片流れ屋根急増)で心配です!

フラット35住宅仕様実態調査から見る屋根形状の傾向

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

先日、5年ぶりに住宅金融支援機構のフラット35住宅仕様実態調査報告が発表されました。(フラット35の設計検査を受けた新築一戸建て住宅・木造軸組工法の住宅に限る。)

その資料をもとに、屋根形状の傾向を調べました。

平成29年度屋根形状の比率

平成29年度の結果が出たのですが、3,000戸を調査した結果です。

第1位は切妻(きりづま)屋根です!(40.7%)

屋根と言えば、この切妻屋根を思い浮かべる人が多いと思います。

雨漏りや結露など屋根の不具合が発生しにくいこと、太陽光パネルを設置しやすいことなどが人気の理由だと思います。

しかし、5年前より7%減少しています。

第2位は片流れ(かたながれ)屋根です!(30.5%)

切妻屋根を半分にした屋根です。

5年前より、なんと驚愕(きょうがく)の11%も上昇しています!

屋根屋としては、お勧めできない片流れ屋根が急上昇とは、今後の雨漏り・不具合が心配です!

瑕疵担保責任保険会社の新築物件での雨漏り事故は、ダントツで片流れ屋根となっています。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください!

片流れ屋根のメリット・デメリット。心配な雨漏り対策もご紹介します!

第3位は寄棟(よせむね)屋根です!(13.2%)

2面の屋根ではなく、4面の屋根が合わさった形状です。

今から約20年前の調査(平成11年度)では、半数以上が寄棟屋根でした。

それが、今では約8棟で1棟と激減しています。

これは、国の太陽光政策の影響を受けて、太陽光パネルが設置しにくい、寄棟屋根が敬遠されているためでしょう。

 

第4位は段違い(だんちがい)屋根です!(9.8%)

片流れ屋根が2段になっているような屋根です。

こちらは2階の部屋の天井を傾斜天井として、室内空間を拡げて、ロフトなどに利用しやすいために増加しているようです。

具体的な不具合事例は見ていませんが、片流れ屋根よりも不具合の発生しやすい屋根だと思います。

片流れ屋根のリスク+水平壁のリスクが加わるので、とくに、下屋根と水平壁との取り合い部分の雨仕舞(あまじまい)・下屋根の換気を注意してほしい屋根形状です。

この屋根も太陽光が設置しやすいので、増加しています。

 

残りの無落雪(むらくせつ)屋根は北海道で多い屋根で、私は詳しくないので割愛します。

次は陸(りく)屋根はです!(1.0%)

屋根が水平となっています。

屋根材ではなく、防水材で仕上げた屋根です。

最後に入母屋(いりもや)屋根です!(0.2%)

切妻屋根の妻壁の途中から屋根が出てきています。

阪神大震災前の和風住宅では、高級な屋根としてステイタスがあり、平成7年度では5%もありました。

 

平成7年度からの変遷を見ると、、

平成7年度からの変遷を見ると地震と太陽光政策の2つの影響を受けて、大きく様変わりしました。

地震に弱いイメージで、和風住宅屋根が減少し、入母屋屋根が絶滅寸前です。

また、太陽光パネルの設置を意識して、片流れ屋根・段違い屋根が急増しています。

合計すると40%となり、第1位の切妻屋根とほぼ同量です。

この傾向はまだ続くと思いますが、私は片流れ屋根・段違い屋根はお勧めしません!

雨漏り対策・結露対策をしっかりしないと数年後に、大量に事故物件が発生しそうで心配です。

 

まとめ:H29年度新築では、片流れ・段違い屋根が急増しています!

フラット35住宅仕様実態調査から屋根形状の傾向を読み取りました。

片流れ・段違い屋根が急増して、約40%を占めるまでになっています。

しかし、片流れ屋根は雨漏り事故が急増している報告もありますので、雨漏り・結露には十分に配慮してもらってください。

変更できるなら、切妻屋根にしてもらった方が安心ですよ!

わからないことだらけの屋根だと思いますので、何かありましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事