夏場のドローン、モニターカバーは必須アイテムですね!

ドローンを飛ばすためにモニターカバーを使用してみた!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

この酷暑、強烈な日射で、ドローン点検も苦戦しております。

ドローンを飛ばすために使用しているipadも日射を受けて、ダウン状態です。

ipadの画面に、高温異常の表示がでて、画面が消えてしまいました。

そこで、この酷暑でも使用できるように、モニターカバーを購入して使用してみました!

 

コントローラーにフィットするカバー

カバーは日除けフード(7.9インチ)(3,000円弱)という市販品を購入してみました!

コントローラーの形状に合わせて、組み立て方式となっています。

コード用の孔も開いていて、簡単に取り付きます。

 

試験飛行してみました!

敷地内で試験飛行してみました。

40℃近い酷暑でもドローンはしっかり飛んでくれます。

モニターを見てみると、

カバーがないとモニターはかなり見にくく状態となるのですが、

炎天下でも結構見ることができました。

また、ipadに直射日光が当たらないため、高温異常で画面が消えることもありませんでした。

これなら、屋根点検のとき、お施主さまがモニターを見やすくなること間違いないでしょう!

 

iPhoneで、ドローンと自撮りしてみました!

逆に、ドローンで自撮りしてみました!

 

ドローンで真夏に撮影するには、日除けフードは必要だと実感しました。

この酷暑に屋根に登らずとも屋根点検できるドローンは助かります。

台風シーズン前のドローン屋根点検はお勧めですよ~!

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事