玄関の庇(ひさし)からの雨漏り 板金工事できれいによみがえりました【愛知県武豊町】

工事の概要

屋根材:金属縦葺き/玄関の庇(ひさし)

価格:約200,000円

工期:3日間

築年数:約40年

 

古い玄関上の庇(ひさし)からの雨漏り 躯体から補修して、よみがえりました!

大屋根は日本瓦屋根の物件でした。

玄関の庇(ひさし)が雨漏りしていたので、補修しました!

庇(ひさし)は短い金属縦葺きがあり、内どいと板金のパラペットの仕様になっていました。

内どいと縦葺きの板金部分が錆びて、孔が開き、そこから雨漏りしていました。

長く雨漏りを放置されていたようで、庇(ひさし)の木がくさっていました。

雨漏りを早めに直せば、木がくさるまで行かないのですが、放置しておくと直す部分も増えてしまいます。

下地も直して、きれいによみがえりました!

 

工事のビフォー・アフター

工事前の状態

工事前の庇(ひさし)の状態です。

正面の破風板(はふいた)は塗装がはげて、木が暴露しています。

庇(ひさし)の下側は雨漏りで、腐っていました。

内どいの排水部分も雨漏りにより腐っていました。

庇(ひさし)の上部を見てみると内どいと金属縦葺きが錆びて、孔が開いていました。

屋根の下地の木も腐っていたので、下地から全体を補修しました!

工事後

下地、破風板(はふいた)、内どい、金属縦葺きとすべてを補修しました。

特に、破風板(はふいた)を板金で巻いたことで、庇(ひさし)がとてもきれいによみがえりました。

腐っていた庇(ひさし)の下側も板金できれいになりました。

庇(ひさし)の木が腐っていたので、少し大掛かりな工事となりましたが、しっかり補修したので、これでお施主さまにも安心していただけます!

内どいの雨漏りは少しの雨でも漏れていることが考えられるので、雨漏りを発見したら、すぐに直しましょう!

これは、ルーフバルコニーやフラット屋根でも同じことが言えます。

愛知県で雨漏りを直したいと思っている方は、お気軽に修理のご相談・ご依頼くださいね~!

 

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事