緩勾配瓦とは?日本一ゆるい屋根に対応できる瓦、ユーロJ・Aのご紹介!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

弊社の商品ラインナップの中に、緩勾配(かんこうばい)瓦があります。

普通の瓦よりも緩勾配(ゆるい傾斜の屋根)でも葺くことができるという特徴のある瓦です。

その緩勾配瓦について、簡単にご紹介します!

 

そもそも、屋根の勾配とは?

屋根の性能・仕様に関わる大事な要素として、屋根の勾配(こうばい)があります。

勾配?って、普段、聞いたことないですよね!

傾斜(けいしゃ)のある屋根の傾きの大きさを表しています。

家の図面などには必ず記載されているものですが、こんな表現で表しています。

この屋根の傾きは4寸(すん)勾配と呼んで表しています。

角度を表すときに、水平方向10寸に対する垂直方向の長さを寸単位で表して、その角度としました。

4寸勾配よりも2寸勾配の方が屋根の傾きはゆるくなります。

ちなみに寸(すん)とは、長さの単位です。(1寸とは、約30.303mmのことです。)

4寸勾配の傾きを角度°で表す21°48′05″となります。

 

緩勾配瓦(角度がゆるい屋根にも対応した瓦)

ユーロJ・A

日本の瓦の中で、最もゆるい屋根に対応した瓦です。(2寸勾配対応)

 

一見、普通の日本瓦に見えますが、瓦の端部の形状を工夫して、ゆるい屋根でも葺くことができるという優れものです!

具体的には、以下の部分となります。

①瓦の先端分がエジェクターという水を前方に飛ばす特殊な形状になっています。

③瓦の周辺部を高い水返しにすることで、雨水の浸入を防いでいます。

④瓦を留めるための釘穴が高くしていて、雨水の浸入を防いでいます。

 

他の屋根材と比べるとどうなの?

2寸勾配対応と言われても、あまりピーンと来ないと思います。

他の代表的な屋根材と比較してみました。

瓦の標準的勾配は4~5寸となっています。

スレート屋根は2.5寸~3寸以上となっています。

2寸勾配に対応できる屋根材はユーロJ・Aもしくは金属屋根・立平葺きとなっています。

 

既存の屋根が古い厚形セメント屋根材となっていて、屋根勾配が2寸、2.5寸の場合、葺き替える屋根材がなくて、困るといった話があります。

緩勾配で瓦屋根にしたいという方には、ユーロJ・Aがおすすめとなります。

 

まとめ:ゆるい屋根で瓦としたいなら、ユーロJ・Aがおすすめです!

瓦屋根の標準的な勾配は4~5寸勾配です。

そんな中、瓦の形状を工夫することで、緩勾配(2寸)にも対応できる瓦(ユーロJ・A)があります。

緩勾配屋根で瓦としたいなら、ユーロJ・Aがおすすめですよ!

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事