瓦屋根の葺き替え 100年前の土葺き工法から耐震工法へ【愛知県美浜町】

工事の概要

屋根材:日本瓦(土葺き)⇒ 日本瓦(ガイドライン工法)

価格:約20,000円/㎡(足場、下地補強抜き)

工期:20日間

築年数:100年 100㎡

 

築100年日本瓦(土葺き)屋根を巨大地震でも耐える屋根にしたい!

築100年の大邸宅の日本瓦(土葺き)屋根の物件でした。

瓦屋根から雨漏りするとのことで、お伺いしてみると、大変歴史ある大邸宅でした。

これまでも少しずつ瓦屋根を補修された形跡はありましたが、全体的に雨漏りしていましたので、部分補修では雨漏りを止めることができないと判断して、母屋は全面葺き替えを行いました。

100年耐えた瓦でしたが、部分的に劣化しているものもあり、再利用ではなく、現在の新しい瓦を使用します。

下屋などは雨漏りしている屋根面だけの葺き替えとしました。

お屋敷が広いので、すべての瓦屋根を葺き替えると大変な金額となりますので、雨漏りが発生している屋根面のみ補修しました。

日本瓦(土葺き)を耐震・耐風工法であるガイドライン工法で葺き替えを行いましたので、台風・地震にも耐える屋根をご紹介します!。

 

工事の手順

工事前の状態

工事前の屋根裏の雨漏りの状態です。

100年前の瓦は所々、劣化しているものもありました。

1.古い屋根をめくる

瓦の下は土葺きの葺き土がびっしり入っていました。

葺き土をはがすと杉皮となっていました。

杉皮の下には、バラ板となっていて、所々、隙間が開いていました。

大量の瓦、土を効率よく、クレーン車で屋根から降ろします。

2.下地の構造用合板を増し貼りする

バラ板の上を構造用合板で補強します。

 

3.新しいルーフィング、瓦桟木を施工する

野地合板の上に新しいルーフィング(高級改質アスファルト防水材)、瓦桟木を施工します。

4.新たにガイドライン工法で葺き替えして、完成!

新しく耐震・耐風工法であるガイドライン工法で施工しました。

棟部、軒先、けらばとビス留めして、しっかり固定しています!

葺き土だけでも、5トン程度、屋根が軽くなりました。

施工前、施工後をドローンで撮影させていただきました。

施工前

施工後

いぶし瓦で単色に見えている部分が葺き替わったところです!

上空から見るとこんなに違うものかと驚きです!

これからまた、何十年としっかり家を守る屋根の完成です。

きれいな屋根となり、お施主さまにも大変喜んでいただきました!

屋根に関してお悩み・疑問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知で日本瓦の葺き替えをご検討の方は、お気軽にご相談くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事