ガソリンスタンドのシャッターボックスからの雨漏り 水抜き対策しました!

スタンドのシャッターボックスからの雨漏りとその対策とは?

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

先日、ガソリンスタンドのシャッターボックスから雨漏りするということで行ってきました!

シャッターボックスを見てみるとコーナーが錆びていて、水滴がポターンポターンと落ちてきました。

雨も降っていないのに、水滴が落ちていたので、かなり水がボックスの中に溜まっていると推測しました。

シャッターボックスの上部・側面を見てみると、

シャッターボックスの上部コナー部分に隙間があり、雨が浸入する入口となっていました。

シャッターボックスの点検口から中を確認してみると、濡れていました。

そこで、水が溜まっていそうな周辺に水抜き孔を開けました。

すると、孔から水が落下しました。

シャッターボックスがわずかに錆びているところの下部も孔をあけて見ました。

すると、こちらも勢いよく、排水されました。

シャッターボックスは中央部分に水が集まる傾向となっていました。

 

シャッターボックスへの雨水の浸入経路として考えられる側面の孔は応急処置として、隅間をテープで埋めました。

シャッターボックスの下部に計5つの孔を開け、排水を行いました。

1時間程度、ボックスから排水され続けました。

 

シャッターボックスは外部に設置されるため、このような雨水浸入のリスクがあります。

一度、シャッターボックスの下面を確認してみてください。

下面に錆びが発生していたら、雨漏りしているのでは?と疑って調べてください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事