台風21号大阪屋根被害調査 太陽光パネルの飛散はありませんでした!

台風21号の屋根被害調査で感じたこと!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

台風21号の屋根被害調査で、大阪をまわりました。

いろいろな被害物件がありました。

その中で、まわった中で被害がなかったのが、屋根置きの太陽光パネルです。

台風から2週間経過しての調査のため、それまでに片付けられていたら、わかりませんが・・・

(高槻市周辺です。)

青丸は屋根の被害です。

古い瓦屋根、スレート屋根、金属屋根の棟・周辺部に被害が多く見られました。

赤丸は太陽光パネルです。(スレート屋根の屋根置き型)

こちらはセメント瓦の屋根置き、スレート屋根の屋根置きです。

陸屋根の屋根置き、金属屋根の屋根置きも被害がありませんでした。

こちらはスレート屋根の屋根置きです。

写真を上げませんでしたが、瓦屋根の屋根置きも被害はありませんでした。

1日かけて、大阪を調査しましたが、1棟だけ割れた太陽光パネルが確認できました。

それは、他の屋根に被害が発生して、飛来物が太陽光パネルにあたり、破損したパネルでした。

 

太陽光パネルの施工不良による飛散を心配していましたが、ちょっと安心しました。

しかし、愛知県では太陽光パネルが飛んで、隣家のカーポートの屋根にあたったそうです。

隣家の方が文句を言いに行くと、保険対象外の中に、台風が含まれていて、補償してもらえなかったそうです。

なかなか実際に太陽光パネルが飛んだ様子を見たことがないので、ほとんど発生していないし、発生してもすぐに改修してしまうようです。

今回の台風で大丈夫ということは、しっかり施工されていれば、問題はないようですね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事