台風被害(棟瓦が飛散) 瓦屋根の部分補修【愛知県あま市】

工事の概要

屋根材:日本瓦(釉薬瓦)

価格:約40,000円

工期:半日

築年数:約25年

 

台風被害 日本瓦屋根の棟瓦が飛散 割れた瓦の部分補修

先日の台風で、日本瓦屋根の棟瓦が飛散しました。

棟瓦はすぐ近くの瓦を割ってしまいました。

今回の台風は猛烈な強風を伴っていたので、近年になく、屋根の被害が発生しています。

古い瓦屋根では棟瓦の被害が多くなっています。

ほとんどの場合、飛散した棟瓦の補充と割れた瓦を交換する補修を行います。

とくに、古い瓦屋根では、冠瓦を留め付けているくぎが短く、パッキンもついていない場合もあり、瓦が飛散する原因となっています。

 

工事の手順

工事前の状態

工事前の屋根状態ですが、冠瓦が1枚飛散しています。

葺き土をとりのぞく

昔の葺き土を取り除き、たるきの状態を確認します。

くぎ孔部は弱っていますが、その他はひどく腐朽はしていないので、そのまま使用できました。

なんばんしっくいを施工する

たるきの側面になんばんしっくいを施工して、雨水浸入を防ぎます。

新しい瓦をビス留めする

新しい瓦をビス留めします。

昔の瓦の中に入れても、あまり違和感はありません。

たるきにパッキン付きの長いビスでしっかり固定することで、飛散を防止できます!

割れた瓦の差し替え

飛散した冠瓦が落下したところの瓦が割れています。

この場合は、この瓦1枚だけを交換します。

このような交換を差し替えと呼んでします。

差し替えしても周辺の瓦とほとんど違和感がありません。

瓦のメンテナンス性がいいと言われる要因です。

 

工事後の状態

施工完了後の屋根です。

瓦屋根の台風被害は部分補修が可能です!

瓦屋さんに依頼してくださいね!

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県にお住まいの方で、どうしようかな?とお考えの方は、お気軽にご相談ください!ご予算・お住まいの計画に合う改修提案をさせていただきます!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事