棟瓦(むねがわら)の呼び名・寸法の測り方を教えます!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

最近、お問合せでよく質問いただくのが、棟瓦(むねがわら)のサイズについてです。

想像するには、台風で被害にあった瓦を探していらっしゃるのだと思います。

少しでも参考になればと思い、棟瓦の呼び名と寸法の測り方をご紹介します!

 

棟瓦の呼び名

棟瓦とは、屋根の頂上で使用されている瓦のことです。

日本瓦の場合、種類はとてもたくさんあります。

ここでは、一番数多く使用されている丸瓦(まるがわら)について話ます。

もっとも多く使用されている丸瓦=5寸丸瓦=紐丸瓦

もっとも多く使用されている丸瓦は5寸丸瓦です。

5寸丸の別名として、紐丸(ひもまる)と呼ばれることもあります。

5寸丸はのし積の一番上に使用されています。

寸とは昔の寸法単位のことで、1寸=3.03cmです。

5寸なので、15.15cmの幅の丸瓦という意味です。

6寸丸=江戸丸

次に大きいのは、6寸丸です。

6寸丸の別名として、江戸丸(えどまる)と呼ばれることもあります。

6寸丸の場合は、のし積の場合と1本伏せの両方で使用されています。

7寸丸

さらに大きくなると7寸丸となります。

一般的に使用されている丸瓦の中では、もっとも大きいものです。

のし積ではなく、冠1本伏せで使用されています。

 

1枚ずつの写真では、太さの違いがわかりにくいので、比べてみました!

比べてみると丸の幅の違いがよくわかりますね。

 

丸瓦の寸法の測り方

次に、丸瓦の寸法の測り方をご紹介します。

まず、瓦を裏返し(凹部を上に向ける)てください。

丸瓦の知りたい寸法は瓦の幅方向の寸法です。

5寸丸の場合、幅は約150mmとなっています。

瓦は焼き物のため、バラツキはあります。

補修の場合、±10mm程度は気にしないで許容範囲として並べてください。

丸瓦の長さ方向は、知りたいのは全長ではなく、働き長さとなります。

紐の内側から端部までの長さを働き長さといいます。

紐の部分で瓦同士が重なるため、全長は重要視していません。

三州瓦など53A形では、働き長さは265mmとなります。

因みに、6寸丸の寸法はこちらです。

7寸丸の寸法はこちらです。

 

お宅の丸瓦の寸法を測ったら

ご自宅の丸瓦の寸法を測る場合は以下をポイントにしてください。

①幅方向を測る

②その寸法を30で割る

例えば、幅方向が175mmだったら、175/30≒6

③その答えが丸瓦の種類となる

この場合、6寸丸となります。

④次に、働き長さを測る

265であれば53A、275であれば53B、255であれば56枚判、250であれば60枚判 となります。

これは少しむずかしいので、購入先に働き長さを伝えれば、瓦屋の方が判断します。

 

最後に、別の丸瓦

最後に、別の種類の丸瓦を紹介します。

同じ丸タイプでも、左は今説明した紐丸瓦です。

一方、右はス丸(すまる)という瓦になります。

紐がないタイプをス丸といいます。

 

瓦でよくわからなければ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知の屋根でお悩みの方は、相談・点検・補修をお申し付けください!

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事