台風24号による雨漏り 丸窓の下パッキンから雨水浸入!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

台風による雨漏り現場で、毎日、闘っております!

特に台風24号では、滅多に見ない雨漏りが発生しています。

【この記事はざっくりいうと...】

丸窓からの雨漏り

丸窓のガラスと枠の間から雨漏りしていました。

こんな感じです。

丸窓が結露で水が溜まっていることはよく見かけるのですが、台風による雨漏りは初めてみました。

赤丸部分に水が溜まっていました。

さらに、詳しく見てみると強風が吹くたびに、ペアガラスが室内側に押されていました。

ガラスの動きに連動して、室内の雨漏り量が増えていました。

⇒部分から水が浸入して、水嵩が高くなるのが観察できました。

サッシからの雨漏りでよく見かけるのは、サッシのビス孔からの水滴落下や上部木枠からの水染みなどです。

市販のサッシでは、ガラスとそのパッキン、アルミ枠との間からの雨漏りは見たことがありませんでした。

しかし、この丸窓はガラスとパッキン、アルミ枠との間から強風に押されて浸入していました。

外側が劣化しているのかと、確認しました。

丸窓の外側に施されているシーリングはこんな感じです。

特別、亀裂などは観察できませんでした。

しかし、確かにこのシールを通過して、室内へ雨漏りしていました。

 

サッシの水密性能

そこで、サッシの水密性能を調べてみました。

JIS等級が定められていて、W-1 ~W-5 まであるようです。

カタログでは丸窓はW-4 となっていました。

W-4 は風速16~29m/sに相当しています。

 

台風24号のセントレアの最高風速が39.6m/sだったので、W-5を超えているので、雨漏りしてもしょうがないとも言えますね!

 

しかし、普通のサッシのパッキン部分からは雨漏りしていないので、丸窓の水密性能は落ちるようです。

デザイン性はいいのですが、結露や雨漏りする丸窓はおススメできませんね!

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事