S形瓦屋根パーツの呼び名を知りたい方!こちらの図をご覧ください!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

「瓦屋根の一部が割れたけど、これがほしい」と写真を送っていただくことがあります。

瓦屋根はパーツが多いので、何て呼んでいいか、わからないですよね!

そこで、今日はS形瓦屋根のパーツの呼び名を簡単な図で紹介します!

 

S形瓦(えすがたかわら)

S形瓦は古く(少なくとも40年以上前)からある洋瓦の1種類です。

このような洋風なイメージの瓦です。

一番多く使う桟瓦(さんかわら)はこんな形状をしています。

瓦の中に大きな山が1つある形状をして、断面をみるとS字に見えるので、S形と呼ばれています。

瓦の大きさは310×310mmぐらいです。

屋根に並んでいるときの1枚の寸法は、上の図の利足260mm、利幅260mmで示されています。

S形瓦屋根のパーツ

S形瓦屋根を図にするとこんな感じです。

主に使われる瓦の種類は11種類あります。

①桟瓦(さんがわら)・・・もっとも多く使われる瓦

②半瓦(はんがわら)・・・袖瓦(そでがわら)(右)の隣の1列だけに使う瓦

③・④袖瓦・・・右・左の端に使う瓦

⑤7寸丸瓦(ななすんまる)・・・屋根の頂点に使用される瓦

⑦7寸三つ又(ななすんみつまた)・・・寄棟(よせむね)の頂点で3つに分かれる所に使う瓦

⑧7寸大棟巴(ななすんおおむねともえ)・・・屋根の頂点の端に使う瓦

⑩7寸カッポン(ななすんかっぽん)・・・隅棟(すみむね)の先端に使用される瓦

⑪トンビ・・・隅棟屋根のコーナーに使用される瓦

 

それぞれのパーツを図で示します。

上のパーツ図と屋根のどこの部分が破損したのか、見比べてどのパーツがお探しください。

破損した瓦の呼び名がわかりますと瓦を検索するときにもスムーズとなります。

 

S形瓦の寸法

S形瓦の寸法の目安を示します。

破損した瓦がS形瓦、寸法を測定してみてください。

寸法が一致していたらS形瓦で間違いないと思います。

一方で寸法が違っていたら、1山の洋瓦でも別の種類の微妙に変形したタイプの瓦かも?です!

迷ったら、写真を撮り、寸法を測り、瓦屋にお問合せください。

(寸法は全長と利足、全幅と利幅では全く異なりますので、ご注意ください。)

一般の方が見ると同じ瓦のように見えても、微妙に違う種類の瓦で、破損した瓦と交換できないこともありますので、ご注意ください。

 

屋根について、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

愛知の屋根でお悩みの方は相談・点検・補修をお申し付けください。

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事