台風前の養生は重要です!バルコニー内で物がぶっ飛びました!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

台風前に家の周辺やバルコニー内を養生することは重要です!

台風の強風で物が飛ぶ可能性があります!

バルコニーでドーン!

台風のときは、大雨や強風の音で家の中に居ても不安ですよね。

そんな中、ドーン!と大きな音がしたそうです。

台風が過ぎた後、バルコニーを見てみるとビックリ!

バルコニーの壁に大きな穴が・・・

バルコニー内においてあった流し台が強風で移動して、ぶつかったようです。

流し台が移動するとは、全く想像できないですよね。

巨大台風では、想像を超える現象が起きてしまいます。

バルコニー内の物干し台なども倒れる可能性もあります。

壁材は厚さ10mmを超えるセメントの壁です。

それがこんなにバリバリになるほとの衝撃・・・

これがサッシのガラスなどに当たれば、室内にガラスが飛散してしまいます。

ガラスが飛散すると室内に強風が入り込むため、屋根が飛ぶ被害なども大阪では起きたようです。

バルコニーの養生を忘れずに行いましょう!

流し台、物干し台、布団干しなど台風前には、バルコニーにおいてあるものはあらかじめ倒したり、固定したりしましょう。

紐でしばったり、テープで固定したりするだけでも効果がありますので、忘れずに!

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事