瓦屋根・雨漏りの補修  接着剤では直らないですよ!

瓦屋根・雨漏りの補修について

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

今回の台風で、瓦屋根から雨漏りしたお宅もあるのではないでしょうか?

おススメしない補修方法として、瓦表面の隙間を接着剤で埋める方法があります。

業者さんにススメられても、別の方法がないか聞いてみましょう!

瓦表面の隙間を接着剤で埋めても直らない!

瓦屋根・雨漏りの補修で、瓦に接着剤をしてある屋根をよく見かけます。

瓦屋根1

 

右側の部分で雨漏りしたために、瓦同士の隙間を接着剤で補修してあります。

しかし、瓦屋根の雨漏りの場合、仕上げ材である瓦の隙間を埋めるだけでは、雨漏りは直りません。

その下部にある下葺き材(防水材)や下地を補修する必要があります。

瓦屋では、その部分の瓦をめくり、防水材や下地の補修をすることは比較的容易です。

また、表面の瓦が割れた場合は、瓦本体を部分的に交換することも可能です。

そのため、安価に補修できます。

 

瓦屋ではない業者は接着剤頼み!

しかし、瓦屋ではないリフォーム屋さん・塗装屋さんの場合、瓦の構造がよくわからないため、このように接着剤の補修を行います。

残念ながら、何度も言いますが接着剤では雨漏りを直すことはできません。

瓦屋根2

瓦屋根3

さらに、このように全面に接着剤をしてしまいますと、逆に隙間から浸入した雨水は全く排出されないため、雨漏りを悪化させる可能性もあります。

このように接着剤で固められると瓦をめくって、下の状態を確認することもできなくなります。

結果、全面葺き替えになる可能性が高くなってしまいます。

周辺の補修として、部分的に接着剤を使用することはもちろんあります。

この接着剤の使用と雨漏りを補修するための接着剤の使用は全く意味が異なりますので、ご注意ください!

瓦屋根の雨漏りの補修は瓦屋に依頼することが安心です!

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事