セメント屋根材と三州瓦の周辺部材の寸法を比較してみました!加工すれば使えるかも?

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

台風修理のためか、セメント屋根材の周辺部材のお問合せをいただきます。

周辺部材はどこに聞いても在庫がないようです。

瓦の周辺部材が使用できないかと思い、寸法を調べてみました。

 

モニエルのセンチュリオン

セメント屋根材でもっともお問合せをいただいているモニエル・センチュリオンの周辺部材を昔のカタログから調べてみました。

センチュリオンの棟部に使用しているのは、ヒモ丸という名前です。

サイズは幅が250mm、働き寸法が300mmとなっています。

 

クボタのパラマウント

もう1つ問合せがあるのは、パラマウントです。

こちらも形状はセンチュリオンとほとんど同等です。

その棟部は棟包(紐丸)と呼んでいます。

サイズは幅が247mm(狭い方では210mm)、働き寸法300mmとこちらもセンチュリオンとほぼ同じです。

 

三州瓦では7寸丸に近い

これらセメント屋根材の棟部は三州瓦でいうと7寸丸に近い寸法と言えます。

パラマウントの狭い幅は210mm、7寸丸は220mmです。

10mmの違いであれば、瓦を現場で加工すればなんとかなるかもです。

働き寸法はセメントが300mmに対して、7寸丸は265mmと短いですが、少し本数は多めとなりますが、最後はカットして調整すれば可能です。

 

7寸丸は使えるの?

セメント屋根材の補修として、7寸丸は使えるの?と聞かれますと、加工すれば何とかなるかも?としか言えないですね。

やはり、おススメは棟部の1列は全部7寸丸に交換してもらった方がいいと思います。

費用は掛かりますが、ガイドライン工法で行えば、耐風性・耐震性ともに格段に上がります。

1、2本のために1列葺き直すのは嫌だと思われる方は、お近くに瓦屋さんにご相談ください。

加工して何とか納めてくれるかも?です。

 

屋根について、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事