【NHKで紹介!】正しい工法で屋根瓦を補修すれば地震がきても100年大丈夫!ドローン点検で確認可能!

みなさま。こんにちは。

「屋根から人の笑顔を作りたい!!!」三州瓦・神清(かみせい)のDr.神谷です。

今年は災害が多い一年でしたね。

中国地方の豪雨、大阪・北海道では地震、全国的に台風など。その際に古い瓦屋根に被害が多く発生してしまいました。

実は、そんな今年起きた大型災害の対策を伝えるNHKの情報番組で、弊社・神清(かみせい)の「ドローン屋根点検」を取り上げてもらいました。

大変わかりやすい内容にまとめてもらったので、ぜひ番組の内容を抜粋して紹介したいと思います!

 

NHK「まるっと!」の防災コーナーで紹介いただきました!

ちょうど、ゴーンさんが逮捕された日の放送だったので、お蔵入りするのではないかと心配しました。(字幕でゴーンさんの内容が出ています。)

 

約6分24秒をダイジェストで紹介します!

三州瓦・産地の防災への取り組み「ドローン屋根点検」。瓦屋が地元の屋根を守ります!

三州瓦・産地の防災への取り組みとして、神清(かみせい)の「ドローン屋根点検」をピックアップ!

ドローンで古い瓦屋根を点検している様子。

ドローンで撮影した画像を見ながら、お客様に点検内容を説明しています。

古い瓦屋根の棟(一番高い所)について問題点を指摘しました。

 

地震、台風で被害が出る瓦屋根は「棟部」が「大回し(おおまわし)工法」になっている。

今年の大阪府北部地震での古い瓦屋根の被害。

崩れやすい棟部にブルーシートがかかっています。

「大回し工法」とは、屋根に瓦を載せているだけです!

旧工法である大回し工法は銅線でくるりと縛っているものです。

家の本体とはつながっていません。

阪神大震災で多くの被害が発生しました。

「大回し工法」は載せているだけなので、巨大地震で崩れやすいのです。

現在は耐震性の高い「ガイドライン工法」に移行しています。

現在は「大回し工法(旧工法)」から補強金具・ねじ・銅線等で家と一体になっている、耐震性の高い「ガイドライン工法」に移行しています。

ドローン点検なら屋根の上をお客様と一緒に点検することができる!

ドローンは屋根点検のツールとして有効です!

古い瓦屋根の棟を点検するには有効であり、巨大地震で被害が発生するリスクをお客様へ伝えることができます。

弊社が取り組む、「ドローン屋根点検」の流れを紹介。

愛知県半田市にある事務所から出発。

この日は社長自ら、ドローン屋根点検へ出動です!

お客様の住宅で、すぐに点検開始です!

黄色い線でバツとなっているのは、大回し工法の銅線を示しています。

立派な屋根なのですが、旧工法となっていました。

 

お客様に点検内容をその場で説明しました。

巨大地震では、棟が崩れるリスクがあることをお伝えしました。

また、それ以外の部分は全く問題がないことも伝えました。

お客様は「いままでリスクがあることを知らなかった。いろいろ相談してみます」とのコメントされました。

ドローンは、点検内容をお客様にお伝えするにはいいツールだと言えます。

 

瓦屋根を正しく知ってもらい、安心して長く住んでもらいたい!

正しく葺かれた瓦の屋根は100年たっても大丈夫!

瓦はいい屋根材だと言えます。

折角、長持ちする瓦屋根にお住まいなら、部分的にメンテナンスすることで、長く安心して住んでいただけます。

巨大地震にも耐えるには、ガイドライン工法に葺き直すことが重要です。

ガイドライン工法の屋根が増えることで、安心・安全な街になります。

今後も瓦屋根がしっかりと住宅を守り、日本の風景を支えることを期待しています!

 

瓦屋根を地震に強くするための費用はどのくらい?

「ガイドライン工法」に葺き直す費用は約50~万円です!

家の大きさ・立地・屋根の形にもよりますが、シンプルな屋根だと旧工法から「ガイドライン工法」に葺き直す費用の目安は50~万円です。(足場等除く)

しかし、災害が起きて棟が崩れてしまうともっと費用がかかってしまいます。

ブルーシートを貼るだけでも費用が発生しますし、長い間、その状態のまま。

平時のメンテナンスをおススメします!

 

もっと安くしたいなら「冠1本伏せ」という簡素な仕様もあります!

棟の耐震改修には、「ガイドライン工法」以外にも、「冠1本伏せ」という仕様があります。

簡素であり、軽量化にもなります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本瓦屋根の棟部/冠1本伏せ(耐震性の高い)の仕上がりをご紹介します!

 

ドローン屋根点検のお問合せはお気軽にご連絡ください!

ドローン屋根点検のお問合せ先はこちらです。

(お客様向け:点検無料です!/業者様向け:有料の調査もあります!)

上記のように一度きちんと自分の家の屋根のことを知ることで、いざという時の安全につながりますよ!

株式会社神清(かみせい) 担当者:神谷あきのり

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

屋根について、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください!

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事