スレート屋根雨漏り補修「葺き替え」 スレート踏み割れからの雨漏り【愛知県岡崎市】

工事の概要

屋根材:スレート屋根 踏み割れから雨漏り⇒「葺き替え」新規スレート屋根

価格:約13,000円/㎡(足場、下地補強抜き)

工期:4日間

築年数:約20年

 

スレート屋根雨漏り補修 スレート踏み割れからの雨漏り。家の木材がくさっていました。

 

2階の天井から雨漏りしているとお客様から相談をいただきました。

まずは雨漏り調査を行います!

雨漏りの浸入箇所を特定するために、雨漏り調査を実施しました。

屋根に上がってみるとスレート屋根でした。

天井の雨漏りしている真上を詳しく観察してみると、

スレート屋根に踏み割れが発生していました!

そこで、散水調査を行いました。

スレート屋根の踏み割れ部分に散水して、室内側の雨漏り箇所を確認しました。

すると、2階天井の雨漏り部分から水分の反応がありました。

浸入箇所はスレート屋根の踏み割れ部でした。

応急処置として、スレート屋根の踏み割れ部にシーリングを行いましたが、再び、雨漏りしたので、葺き替えを実施しました。

 

工事の手順(スレート屋根の葺き替え)

工事前の状態

経年劣化したスレート屋根です。

所々、踏み割れが発生していました。

1.スレート屋根を解体

スレート屋根をめくるとその下には、防水シート(最高級改質アスファルトルーフィング)が施工されていました。

最高級の防水シートでも雨漏りすることもあるようです!

2.谷板金、防水シートをはがす

谷板金、防水シートをはがしてみると屋根面となる野地合板(のじごうはん)がくさっていました。

野地合板が腐っていたので、常時、雨漏りしていたと思われます。

3.くさってしまった野地合板をはがす

くさった野地合板をはがしてみると家の木材まで白く、くさっていました。

表面だけのくさりだったので、そのままにしておかないで「葺き替え」してよかった現場と言えます。

4.新しい野地合板、防水シートを設置

くさった野地合板を交換して、新しい野地合板、防水シートを設置しました。

5.屋根全体に新しい防水シートを設置

屋根全体を新しい防水シートでおおいます。

この上には、新規スレート屋根を施工して、完成です。

 

まとめ:スレート屋根から雨漏りしたら、野地合板が腐朽しているかも?葺き替えをおススメします!

スレート屋根の雨漏り補修工事をご紹介しました。

スレート屋根をはがしてみると野地合板、家の木材もくさっていました。

実は、葺き替えせずに、「カバー工法」をすすめる業者さんも多いです。

木材がくさっているか確認しないまま、スレート屋根に金属屋根でカバーするのは、まさに、「臭い物にふたをする」ではないでしょうか!

「カバー工法」に関して、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

スレート屋根のカバー工法をする前に知っておくべきメリット・デメリットは?

スレート屋根の雨漏りは「カバー工法」ではなく、葺き替えをおススメします。

屋根に関してお悩みやご質問等あれば、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事