外壁塗装リフォーム中、屋根の瓦を割ることが多いようです!差し替えが必要です。

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

外壁の塗装リフォームをする場合、建物周辺に足場を設置します。

よくある相談として、「塗装作業中に瓦を割ってしまった」というものです。

瓦は差し替えできるので、大きな問題にはならないのですが、塗装後は注意が必要です。

塗装中に割れる場所は下屋根と谷部が多いです。

瓦の差し替え依頼が多い場所は下屋根と谷部です。

下屋根の差し替え

下屋根は足場の下が多いです。

足場を持ち上げて差し替えを行います。

今の仕様ではくぎ留めとなっているので、なかなか簡単に瓦を差し替えることはできません。

割れた瓦を金づちで小さな破片とします。

くぎが打ってある部分が残るので、くぎを金ノコギリでカットして、割れた瓦をすべて取り除きます。

割れた瓦の部分に新しい瓦を差し替えます。

最後の部分は狭い瓦の隙間に、瓦の剣を欠かして差し込みます。

くぎ打ちできない瓦は、前後左右の瓦と接着して固定します。

谷部の差し替え

瓦屋根の谷部の割れもあります。

黒い谷板金の上に一部が載っているので、瓦の端などを踏むと踏み割れが発生しやすい場所です。

谷部周辺はあまり歩かない方が安全です。

瓦のメンテナンス性がいいのは、20年前の瓦の中に、1枚新しい瓦を差し替えても屋根が施工できることです。

多少色は異なりますが、雨漏りの心配はありません。

 

塗装後は特に、下屋根に割れがないかチェックしましょう!

通常は足場屋さんが足場を解体するときに気付くので、そのタイミングで差し替えます。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事