「一文字軒」と「ストレート軒」の違いは?

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

日本瓦の軒先をスッキリ見せる瓦として、「一文字軒(いちもんじのき)」があります。

瓦職人が瓦を一枚一枚すり合わせて施工するため、高級な屋根となります。

同じようなスッキリしたイメージとなりながら、簡易施工で仕上がる瓦として、「ストレート軒」もあります。

「一文字軒」と「ストレート軒」の違いについて、ご質問いただきましたので、簡単にご紹介します!

「一文字軒」とはこんなものです!

日本瓦の軒が真直ぐに見えるデザインです。

特徴としては、左右の一文字瓦を葺くのに、1枚毎に瓦を加工して隙間がないように「すり合わせ」を行います。

具体的には赤丸の部分をすり合わせています。

瓦は焼き物なため、焼成時に収縮があり、形状が若干変形します。

その変形している一文字瓦を真直ぐに隙間なく葺くために、変形分を瓦職人が1枚1枚加工します。

きれいに仕上げるためには熟練の技が必要となり、その分、手間を掛けて、高級な屋根となります。

施工中の一文字軒瓦です!

「一文字軒」を右から見ても真直ぐ見えます。

左から見ても真直ぐ見えます。

下から見ても真直ぐ見えます。

焼きねじのある瓦をこのように真直ぐに見せることができる「一文字軒」は昔から高級品と考えられ、いい家のシンボルでもありました。

「ストレート軒」とはこんなものです!

真っ正面から見ると「一文字軒」に見えるデザインの瓦です。

「一文字軒」は1枚1枚をすり合わせて、手間がかかり過ぎるので、それを簡略化した瓦と言えます。

瓦の端と端の寸法を変えることで、左右の瓦が重なるようになっています。

段差による重なりのため、右側・左側・下側から見ると一文字軒と違い段差がわかります。

しかし、真っ正面からは真直ぐに見える軒瓦です。

一般的な軒瓦は「万十軒(まんじゅうのき)」

一般的な軒瓦の万十軒と見比べれば、「ストレート軒」のスッキリ感を感じていただけるのではないでしょうか?

価格的には「万十軒」<「ストレート軒」<「一文字軒」!

価格的には「万十軒」<「ストレート軒」<「一文字軒」となっています。

私は年を重ねて、この価格差がしっかり感じ取れるようになってきました。

和風住宅を好まれる方・デザインされる方は、是非、この軒瓦のデザインにはこだわっていただきたいと思います。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事