屋根点検は平時に依頼するべし。信頼できる屋根屋を探しましょう!

みなさま。こんにちは。

屋根から人の笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

これからの時代、屋根点検はお客様が自主的に行った方がいいと思います。

その理由を簡単に紹介します。

屋根点検が必要な理由はこれです!

①自然災害が増加している

巨大台風、巨大地震、集中豪雨など、昨年も日本全国で自然が猛威を振るいました。

②屋根の被害が増加している

住宅を守る屋根はその被害を受けやすく、被害も増加しています。

③建て替えよりメンテナンスする傾向となっている

10~20年前までは、家に被害があったら、「直すより建て替えした方がいい」という話もありましたが、メンテナンスする傾向に変わってきています。

④詐欺業者が増加している

災害に付け込んだ悪徳詐欺業者・点検詐欺業者が増加しています。

 

そこで、そんな詐欺業者から家を守るために、屋根点検が必要なんです!

信頼できる業者による屋根点検をしておけば、あやしい業者からの指摘に耳をかすことがなくなります。

詐欺業者はガードの堅いお客様をわざわざ狙わないのです。

 

瓦屋根の点検事例です。

瓦屋根は劣化が少ないので、点検も短時間(30分から1時間)と簡単に終わります。

築20年・F形瓦の屋根点検はこんな感じです。

平部:瓦の割れ・ズレを見ます。

棟部:瓦の割れ・ズレを見ます。

棟部はその他に、しっくいのはがれ/くぎ・ビスの浮きを確認します。

けらば部:割れ・ズレを見ます。くぎ・ビスの浮きも確認します。

軒天:雨染みの有無を見ます。軒天材のはがれ・換気孔の有無もチェックします。

軒先部:水切りの有無・雨どいのゴミの詰まりなどを確認します。

その他部位:谷部・棟違い部など雨漏りしやすい所を確認します。

これらの写真を見ても、健全かどうか判断できるのは、瓦屋だけです!

理由その1

瓦は住宅部材の中でも、伝統・文化・職人の残る数少ないものです。

工業化住宅産業の中では、理解者が少なくなっています。

そのため、瓦屋根はプロの瓦屋が点検した方が間違いないです。

理由その2

足場がなくても、はしごをかけて屋根に上り、点検できるのは屋根屋です。

設計士さんや工務店さんはほとんどやらないと思います。

 

まとめ:屋根点検は平時な間に、信頼できそうな屋根屋に依頼しましょう!

屋根点検の必要性を説明させていただきました。

知り合いの屋根屋さんがいれば、間違いないのですが、ほとんどの方はいらっしゃらないと思います。

災害が発生する前の平時な間に、信頼できそうな屋根屋に屋根点検を依頼してみましょう!

点検を依頼してみて、何かのときに工事を頼める業者か、調べておくのも一つの方法だと思います。

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事