築30年・同一敷地において、4つの屋根材の劣化状態を比較しました!

みなさま。こんにちは。

屋根から笑顔を作りたい!!!

神清(かみせい)のDr.神谷です。

「屋根材の寿命って、どのくらいですか?」とか聞かれることがあります。

自然環境によっても、大きく左右されるため、一概には言えませんが、太平洋側の事例を紹介します。

築30年経過した同一敷地内の屋根を比較してみました。

築30年以上経過した同一敷地内の住宅において、たまたま、いくつかの屋根材が使用されていました。

同一敷地内なので、屋根材の耐久性を比較しやすいと思い、ご紹介します。

釉薬瓦・日本瓦は劣化なしです!

kawara304

平屋の屋根には青色(青緑色/せいろくしょく)の日本瓦が並んでいました。

瓦なので、当たり前かもですが、ほとんど劣化はありませんでした。

アスファルトシングル葺きはボロボロでした!

一方、赤丸はひさしに施工されているアスファルトシングルです。

kawara305

拡大してみますと、シングルはボロボロに劣化していました。

もともと緑色のシングルだったのですが、暴露されている表面部分は黒っぽく凝集しています。

赤丸の部分は、シングル釘が露出していて錆びが発生しています。

シングルが劣化(凝集・破断)していなければ、外から見えることのない釘です。

暴露している釘がこのように錆びていることから、かなり以前から露出し、錆びが進行したと思われます。

アスファルトシングルには、数種類のタイプがあるそうです。

基材の違いによって、耐久性が異なります。

しかし、見分けが付きにくいので、一度、違いについて調べたいと思います。

谷部の谷板金(鋼板製)も劣化していました!

kawara301

上写真は瓦の谷部の谷板金です。

カラー鋼板ですが、黄丸のように錆びが発生しています。

赤丸はなんと谷板金の真ん中で、釘が打ってあります。

黒丸はシーリングの痕で、谷の真半分で板金同士をシーリングしています。

おそらく、新築当初の谷板金が劣化したため、その谷板金に半割れの板金をカバーする方式で補修したと思われます。

谷部はもっとも雨漏りが多い部位なので、カバー工法ではなく、周辺の瓦をはずして、谷板金の交換する方が長持ちします。

さらに、もっとも雨漏りしやすい谷部で、その谷板金に釘で穴をあけるとは、驚きの補修方法でした、絶対NGです。

また、カバーしたカラー鋼板もまた、錆びが発生していました。

スレート屋根は退色・コケがはげしいです!

kawara302

離れに、化粧スレートの下屋がありました。

後から建てたので、築30年は経過していませんが、スレートの退色・変色・コケが著しい状態でした。

とくに、天窓(トップライト)のわきの赤丸部分は、コケが大きく成長していました。

水がたまりやすいところには、コケが表面で生育するのもスレートの特徴です。

比べるとやっぱり、瓦が耐久性がダントツです!

たまたま、このお宅では、瓦、アスファルトシングル、金属板金、スレートと4種類の屋根材が使用されていました。

瓦はあまり劣化がなく、耐久性があることが確認できました。

他の屋根材は30年では劣化していて、メンテナンスが必要な状態でした。

長寿命住宅では、維持管理費が安価となる瓦は相性がいいと言えます。

屋根に関して、お悩みのある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事