屋根の長寿命化 瓦・透湿ルーフィング・MDFと新たな提案です!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    「屋根の長寿命化」と日頃から弊社もテーマとしている題材の講演会がありました。
    これは、聞くしかないと、大阪まで勉強しに行ってきました!
    簡単にご紹介します!

「屋根の長寿命化」という講演会に参加しました!

「屋根の長寿命化」、とても大事なテーマですね!

屋根の長寿命化をテーマとした、透湿ルーフィング協会のセミナーが開催されました。

屋根のマニアックな講演会などので、人が少ないかな?と思っていたら、結構入っていました。

会場は満員で、100名ぐらいとびっくりです!

屋根の長寿命化には、透湿ルーフィング

「透湿ルーフィング」って、何?ですよね。

透湿ルーフィングとは、瓦の下に使われる防水シートのことです。

防水しながら、湿気は排出するという優れものです。

屋根の長寿命化には、MDF(エムディエフ)

MDFという全く聞いたことがない言葉もありました。

これは、大建工業さんが発表された内容ですが、

MDFとは木質ボードの中の1種類です。

フローリングや造作材として、使われているものですが、新たに屋根の野地板用に開発されたものです。

屋根の野地板には、構造用合板を使用する場合が多いのですが、不具合もあるので、それを解決できる優れものです。

屋根の不具合とは?

屋根の不具合とは、野地合板の結露・カビ・腐朽などです。

見えない屋根に、問題があるようです。

それを解決する新たな提案として、以下のものが提案されました。

粘土瓦+透湿ルーフィング+MDF野地板

透湿性の高い、粘土瓦・透湿ルーフィング・MDF野地板の3つを使用することで、水分を排湿することができる呼吸できる屋根が実現できます!

講演会では、50年、60年、80年との寿命も出ていて、これからの長期優良住宅には、持ってこいの屋根だと思いました!

長持ちしすぎて、屋根の仕事がなくなってしまうと心配してしまうほどです!

でも、家を建てるお客様からするとお得な提案ですよね。

 

最後に、アカデミックに、土屋名誉教授からご講演がありました。

現在、不具合が急増している片流れ屋根、3方パラペット屋根の結露問題を透湿ルーフィング+MDFでらくらく解決という実際の不具合事例とシミュレーションを交えてのご発表でした。

これからも屋根に関して、いろいろと勉強して行こうと思います。

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事